BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > 指輪について > 金属アレルギーがあります
よくある質問

金属アレルギーがあります

金属アレルギーにはアレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属があります。
アレルギーを起こす金属:水銀・ニッケル・錫・コバルト・クロム・パラジウム・プラチナ・亜鉛・ガドミウム・マンガン
アレルギーを起こし難い金属:アルミニウム・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウム・・チタン・鉄

※ニッケルはアレルギーを強く引き起こしやすいので、アクセサリーのメッキの下地や合金には使わない方が良いとされています。(ジュエリーコーディネーター3級テキストより)

お気付きの方がいるかもしれませんが、アレルギーを起こす金属群に、プラチナや金が含まれています。そして、よく、「アレルギーがあって、シルバー(銀)はだめなんです」とお客様から言われるのですが、銀は、アレルギーを起こし難い金属群です、不思議ですよね。

プラチナは大丈夫で、銀はダメと考えられている理由として、過去に身に着けた事があるピアスやネックレスなどが、銀製品にメッキ(コーティング)のかかった物で、そのメッキ素材にニッケルなどが含まれていて炎症を起こした等が上がります。※現在日本国内で生産製造されている貴金属アクセサリーはニッケルや亜鉛は使用禁止の為安心です。

その他に考えられる主な原因としては、太いリングやネックレスで、ジュエリーと皮膚の間に、汗や汚れが残りそれがい原因で皮膚に炎症を起こした事をアレルギーと勘違いした。や

ピアスホールが未完成のうちに傷口に触ってしまい、炎症を起こした、等が考えられます。

いずれも金属アレルギーと言うよりはその他の事が原因でお肌荒れのトラブルになっているケースが多いです、この2つのケースはほおっておくと金属イオンが溶けだして本当に金属アレルギーになることもあり得るケースですので特に注意が必要です。ジュエリーを身に着けて楽しんで頂きたいので正しく取り扱って末永くジュエリーを楽しんで下さい。

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ