よくある質問

IIDGRとは?

IIDGRとは? International Institute of Diamond Grading & Research(インターナショナル インスティテュート オブ ダイヤモンド グレーディング アンド リサーチ)の頭文字をとって呼ばれる名前です。
De Beers Group(デビアス グループ)によって設立されたダイヤモンド専門研究機関です。現在、アントワープ(ベルギー)、に研究室を持ち、ダイヤモンドに関する専門的な研究や鑑定を行う研究機関なのです。IIDGRは世界基準のダイヤモンド評価と専門的な取り組みに正確性を備えており、ダイヤモンドの評価、鑑定及びカットにおいて古くから世界中のエキスパートたちが集まる「ベルギー・アントワープ」の他にスーラット(インド)、メイデンヘッド(英国)にも研究室ラボトリーを構えます。

IIDGRでは、120年以上にわたるダイヤモンドの専門知識、ならびに最先端の鑑定技術を活用し、あらゆるサイズと品質のダイヤモンドを評価しています。評価システムは国際監査機関SocieteGenerale de Surveillance(SGS)より認可が与えられており、世界でも限られたダイヤモンドにしか発行されていません。
ガードル(デビアスグループの鑑定ダイヤモンドに与えられるナンバーです)に、ダイヤモンドの個体ナンバーをレーザーで刻印する事で、従来供給者の倫理観に頼ってしか担保出来なかった鑑定書とダイヤモンドの完全な一致とコンプライアンスを実現しています。

ANTWERP BRILLIANTでは、キンバリープロセスを完全に担保したデビアス・グループの鉱山から供給された高品質なダイヤモンドを厳選しております。

IIDGE公式サイト

https://www.iidgr.com/

IIDGRダイヤモンドグレーディングレポート トリプルエクセント 世界的に信用のある宝石鑑定鑑別機関 デビアスグループ DeBeers

IIDGRのダイヤモンド鑑定書、ページ左にはダイヤモンドのサマリーが記載されています。はじめにダイヤモンドの鑑定ナンバー(your Grading Report number )が記載されます。そして囲みの中にはガードル刻印ナンバー(Girdle Inscription Number)形状(Shape)寸法フェイスアップでのベースサイズ最大・最小・高さがmm表記で小数点第二位まで(Measurements)そして重量(Carat)色(Colour)透明度(Clarity)カット(Cut)表面研磨(Polish)対称性(Symmetry)蛍光性(Fluorescence)備考(Comments)の12項目について注意深く検査されます。

クラリティグレードの項目では実際のインクリュージョンの位置とサイズを赤いポイントで記載します。上写真のダイヤモンドではCloudとCrystalがダイヤモンド中心付近に記されています。ご自身のダイヤモンドを宝飾用ルーペなどでのぞき込むのも楽しくなりそうですよね!ダイヤモンドが結晶した遥か古代に思いをはせる事が出来る楽しい内包物です。

IIDGEにも認められた特別なダイヤモンド、アントワープブリリアント

AntwrepBrilliantCutはIIDGEでカット項目にアントワープブリリアントと記載 デビアスグループでも特別扱い

そして写真の鑑定書はベルギー・アントワープ、ダイヤモンドの聖地の中を冠した特別なダイヤモンド、アントワープブリリアントカットの鑑定書です。形状を見るとAntwerpBrilliantDiamondの文字が記載されています。通常ダイヤモンドの鑑定書には見た目の形状が記載されるのですがデビアスグループの鑑定機関IIDGEではアントワープブリリアントカットのダイヤモンド鑑定書には形状の表記にアントワープの名前を記載します。AntwerpBrilliantダイヤモンドはデビアスグループにも認められたダイヤモンドなのです。

 

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ