BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > お店について > 何も結婚指輪について知識がないですが大丈夫ですか?
よくある質問

何も結婚指輪について知識がないですが大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です!結婚指輪の基本的な事から今どき花嫁たちの最新トレンド、素材やデザインまでBRIDGEのスタッフにお任せください。わかり易くご案内させていただきます。

BRIDGEでは個性豊かで様々な年齢層のスタッフが居りますので気になる事はどんどんご質問ください!

スタッフ紹介

結婚しよう!と思ったら・・まずはエンゲージリング(婚約指輪)でプロポーズ

結婚しようと思ったらまずは相手に想いを伝えましょう。プロポーズの定番と言えばダイヤモンドエンゲージリングです。BRIDGEでは特別なプロポーズプランをご用意しておりますのでお気軽にスタッフまでお尋ね下しさい。

サプライズプロポーズプランBRIDGE銀座男性一人大歓迎

婚約指輪一覧はこちら

 

結婚式や入籍までにマリッジリング(結婚指輪)

結婚式や入籍までには今度はお二人で付けていただく結婚指輪(マリッジリング)をご用意ください。いつも身に着けていられて長持ちするデザインから結婚する花嫁たちの今どきトレンドを反映したオシャレなリングまでBRIDGEでは豊富にそろえておりますので是非お二人のお気に入りを見つけてください。

古代ローマから続く結婚指輪の文化

結婚指輪の文化は欧米が発祥と言われています。その起源は古く紀元前700年今から2700年も前にさかのぼります!意外と歴史ある文化です。マリッジリングは発祥当初は残念ながら女性の人権があまり認められておらず、貴族などの上流階級では結婚も家と家の取り決めによって決まるような場合が多かったそうです。政略結婚ですね、それゆえ男性の所有物としての契約で着けていた(外れないサイズのモノを付けていたとか)そうです。現在のマリッジリングの様な対のリング、ペアの指輪となったのは11世紀頃の様です。

 余談ですがローマの騎士たちは長期遠征に出掛ける際に自分の妻にブルーサファイヤのリングを渡してこう言ったそうです「もし俺の留守の間に貴女が浮気をすればこの宝石の色が変わって知らせる、だから決して浮気しないように!」スゴイ逸話ですがブルーサファイヤが貞操を守るとされている所以になっています。事実ブルーサファイアは加熱処理によって色を改変しています。心に恋の炎が燃えてしまったら、その温度でサファイヤの色が改変するという事を古代ローマ人達は知って居たのでしょうか?

結婚指輪には呪術説的にも楽しい逸話が

指輪には楽しい逸話が沢山あります。そもそもリングには霊力が備わっていて災いを防ぐ魔よけの力が有ると信じられています。左薬指に付けた場合は愛の象徴として愛情力がアップされたり治癒力がアップすると信じられていました。現代ではあまり信じられていない逸話ではありますが人類と指輪のかかわりの歴史にロマンを感じます。

”お互いの想い(分身)を身に着ける”という考え方

キリスト教式では神父様か牧師様に「汝を○○さんを妻とし、晴れたときも、曇ったときも、良いときも、悪いときも、富めるときも、貧しいときも、病気のときも、健康なときも、死が汝らを分かつまで、離れず、床にあっても、食卓にあっても、快く、快闊にあるようにせん事を誓いますか?」と新郎新婦に交互に問いかけて誓いのキスをするというのは皆さんご存知と思います。

現代では結婚指輪をお互いの分身としていつも身に着ける”いつもあなたの傍に居る”という意味で身に着けます。ヨーロッパではサッカー選手などがゴールを決めた時に指輪にキスしているシーンを見る事もあると思いますが、あれは「貴女のサポートのおかげでゴールを決める事が出来たありがとう」のキスなのです。常にお互いの想いを身に着け合う事が出来るのが結婚指輪なのです。

ところでなぜ左薬指につけるのでしょうか?

マリッジリングやエンゲージリングは左薬指に着けるのは何故なんでしょうか?古代エジプトの呪術医学書に「左薬指は心臓に直結する動脈がある」と信じられていた、そこから左薬指に着けるようになったと記されていました。また逸話の中でも紹介しましたがそもそも指輪に備わった霊力のうち左薬指にすれば治癒力が高まると信じられていたこと等が起源となっているようです。左薬指はナースフィンガー、またはリングフィンガーと呼ばれ指輪の為の指とされている事も起因しています。

私の個人的には宝石屋として駆け出しのころ有るお店の先輩に「左薬指は薬指と呼ばれるくらいだから、どんなに凄惨な戦場や不潔な場所に行っても傷口が触れるほど汚れない指なんだよ、だからその指に高価な指輪をするのが一何壊さなくていいだろ!」と言われたのが一番納得いく理由なんですけどね(笑)

指輪は縁(円)、終わりなく続く永遠の象徴BRIDGEはエタニティースタイル

結婚指輪の円形は永遠の象徴とされています。結婚の時にお二人で付ける結婚指輪は「二人の愛が永遠に続くことを守る象徴」なのですBRIDGEでは結婚指輪のデザインに永遠を象徴するエタニティ―デザインを多数採用していますので是非ご検討ください。

BRIDGE結婚指輪BOND FOR EVER  いざないの水神BRIDGE結婚指輪

BRIDGEのエタニティ―デザインの結婚指輪、”Bond Forever(永遠の絆)”と”Cosmic Stream(いざないの水神)”終わり無くデザインの続くマリッジリング(エタニティスタイル)は量産では展開が難しい為、ハンドメイドで熟練の職人の手によって生み出されます。

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ