BRIDGE ANTWERP > よくある質問 > ダイヤモンドについて > ダイヤモンドは男の宝石?
よくある質問

ダイヤモンドは男の宝石?

婚約指輪や結婚指輪を店頭でお選びになる多くの男性は『女性のために』リングやダイヤモンドを用意してあげようとしてご来店されます。しかし結婚指輪はともかくとしても少なくともエンゲージリングのダイヤモンドは男性の宝石なのです。

男性から愛する女性へ贈られる想い

ペアジュエリーでもある結婚指輪はそもそもお互いの分身を身に着け合うという意味があります。有名なところではプロスポーツ選手が試合に勝ったり何か成功した際に”リングにキスする”シーンをご覧になったことの有る方も多いのではないかと思います。あのキスは分身となった女性の助けがあってこの成功がある事への感謝のキスだといわれています。婚約指輪にはそこにさらにダイヤモンドがセッティングされています。男性の想いの込められたダイヤモンドが何時も男性の代わりに女性を守るという意味も込められています。

さらにダイヤモンドは二人の間に生まれてきて想いを受け継ぐ人に、二人から最初に選ぶ贈り物として受け継がれることが既に決まっています。ファーストジュエリーとしてベビーリングやSweet16などもありますが、実はプロポーズの時に贈るダイヤモンドこそ真のファーストジュエリーなのです。

ダイヤモンドが結晶したのは少なくとも9億年以上前と言われ、古いものは45億年前のものも存在します。そしてダイヤモンドはその比類なき性質から『宝石の王』といわれ、人類はその永遠の輝きに”想い”や”夢”、”愛”や”人生”を託してきました。45億年というダイヤモンドが積み重ねた時間に比べると人間の人生なんて”ほんの一瞬”です。だからこそ”征服されざる永遠”に託すのではないでしょうか。

BRIDGEでは大切な人に想いを託してダイヤモンド(宝石)を贈るのは、とても素敵なことだと考えています。そしてそんなステキなことが広がって、ダイヤモンドを使う人の周りに多くの笑顔や笑いが有れば良いですよね。

歴史を振り返ってみてもダイヤモンドの持ち主はほとんどが男性です。有名なダイヤモンドは特にそうですが権力の象徴だったり力の象徴として用いられたことから時の権力者が所有者だったケースがほとんどでした。結婚の記念品としてエンゲージリングのダイヤモンドはも1900年代前半まで王侯貴族等の上流階級だけの特別な文化でした。しかしその後、地下資源の採掘技術が飛躍的に上昇しダイヤモンドを多くの人に届けれるようになったことや、世界が平和で豊かになったことで多くの方がダイヤモンドを楽しむことができるようになると一般的にも婚約の記念品としてダイヤモンドを贈るようになっていったのです。

 

ページの先頭へ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15 第1吉田ビル1F
(アクセス)

ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ