穏やかな空気の流れる島

神島 三重県

三重県鳥羽市神島

佐田浜より市営定期船で48分と少し足をのばせば行ける距離。神島は鳥羽湾の沖合に浮かぶ神島は周囲3.9キロの小さな島で、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となったことで知られています。神島の魅力は海に囲まれて作り出された独特な自然と、島の人たちが長い年月をかけて培って来た風土、そして海の恵み。ガイドブックにはのっていないことを、島で生活してきた人たちに教えてもらうのも新たな楽しみの発見方法かもしれません。島に降り立つと、ちょっとワクワクしてしまいます。二人きりのアドベンチャーの始まりですね。決して派手さはないけれど、ゆったりと流れる島の時間の中で、きっと心癒されるでしょう。

【プロポーズコース】

11:00 島の人に挨拶してみよう

定期船のりば前から伸びた道をまっすぐ進むと、時計台跡が見えてきます。これは昭和4年、監的哨(旧陸軍が伊良湖から撃つ大砲の試射弾の着弾点を確認した施設)記念に作られたもので、今は動物の絵が入った時計がはめこまれています。島の人とすれちがったら声をかけてみてください。きっと温かい笑顔で応えてくれるでしょう。

11:30 厳粛な気持ちで訪れたい

214段の長~い石段を、ふうふう言いながら上がっていくと神明造りの本殿が見えてきます。八代神社は、古くから伊勢湾を航行する船乗りたちに崇敬され、海の神様「綿津見命」をお祀りしていて、国の重要文化財に指定されているありがたい神社です。元旦の未明に行われるゲーター祭りもここで行われます。歴史ある古刹を心静かに見学しましょう。

 

12:00 旬の新鮮な海の幸を

ぐるっと一周島を巡る遊歩道は約4kmです。出発する前にまずは腹ごしらえをしていくとちょうどいいかもしれません。四季を通じて新鮮な魚介類があがる神島。島のお食事処で、都会では味わえない磯の香りが食欲を誘うお料理をいただきましょう。

13:00 神島灯台

日本の三関門のひとつ伊良湖水道は、昔から海の難所といわれ、夜間の航行は危険だったそうです。明治42年、船舶の安全を図るため灯台がたてられました。この神島灯台は「日本の灯台50選」にも選ばれているほど立派な灯台です。ここは島内で随一のビュースポットです。潮風を受けながら白波が踊る海原を見ていると、悩みなんか吹き飛びそうな爽快感を感じますよ。

15:00 灯明山を越えて海沿いへ

三島由紀夫の小説「潮騒」のクライマックスの場所としても有名な監的哨跡。対岸の渥美半島や伊良湖岬、伊勢湾までも一望できます。さらに遊歩道を進むと不動岩と呼ばれるカルスト地形が見えてきます。自然のアートの前で記念撮影もいいですね。海水浴場の脇をすぎれば、潮風に吹かれながらの遊歩道も船乗り場までもう一息です。

《アクセス》

鳥羽・佐田浜乗船場より神島航路で48分

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ