BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > フクリン留め(べセルセッティング) 

フクリン留め(べセルセッティング) 

日常使いに最適な引っ掛かりの無いダイヤモンドセッティング

カップ型の台座が可愛いプラチナのシンプルな婚約指輪。

ベゼルセッティング(Bezel Setting/フクリン留め)ダイヤモンドのセッティング技法の名前”ふくりん”は覆輪と書きます。字のごとく石を輪で覆います。爪は無く金属で宝石の輪郭を覆っている留め方。”伏せこみ”とも呼ぶ、ラウンドの他オーバル、四角、ハート、小判など様々な形状に対応できる。また、フクリンの周りを”ミルたがね”で玉のような装飾を施したものを”ミル留め”とよぶ。

⇒フクリン留めの婚約指輪・BRIDGE煌めく夕焼
⇒”ミルたがね”を使ったミル留めの婚約指輪・AntwerpDlineStarClassic

覆輪(ふくりん)留めはダイヤモンドのガードルにダメージを受けて居たり、真円のフォルムではないダイヤモンドの輪郭を補う効果も有る為に古くはカットグレードの良くないダイヤモンドを留めていた。現在ではカット最高評価のダイヤモンドもデザイン上の問題で覆輪に留める事も有る。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ