BRIDGE ANTWERP > 用語集 > た行 > ドローカラー(Draw Color)

ドローカラー(Draw Color)

ドローカラー(Draw Color)

ダイヤモンドのカラー判定をする場合にダイヤモンドをある程度まとめて無蛍光の紙に並べて観察する事をドローカラーと呼びます。これはダイヤモンドの色が強調されて全体の色が判断できる事から来ています。この技術はロットの品質判断する際に使われます。

ダイヤモンドの色原因は光の吸収か内包物による色補着色です。その両方が色は光として表現されるために、ダイヤモンドの色が強調されて見える為に同じパーセルのダイヤモンドをまとめると色の質が瞬時に判断できるようになります。上写真左はカラーダイヤモンドのミックスで、黄色と茶色の中にピンクも混じっているように見えます。対して右のパーセルは白いダイヤモンドメレーですがよく見るとグレーかかっています。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ