BRIDGE ANTWERP > 用語集 > た行 > トリロジー(Trilogy)

トリロジー(Trilogy)

女子憧れのトリロジーダイヤモンドデザイン

ブリッジ銀座で人気の結婚婚約指輪のセットリング重ねつけキレイでシンプル王道スタイルはダイヤモンドさりげないソリテールエンゲージ

「トリロジーダイヤモンド」はデビアスグループのプロモーションで人気となったダイヤモンド3つを使って作るデザインシリーズの事です。プロモーションは大人気だった為にトリロジーデザインはダイヤモンドジュエリーの基本デザインに一つに数えられるほどに成長しました。
トリロジーとは元々フランス語の”三部作”という意味で、映画やオペラ、小説などで用いられる三部作技法から取られた名前です。三部作はそれぞれ三つに分かれていながら同じ一つの意味をもつよう作られていることが特徴です。
トリロジーデザインをジュエリーに使う場合も同様に「三部作」にちなんでそれぞれのダイヤモンドが「過去・現在・未来」を表します。過去から学び、現在に生き、輝かしい未来を願うデザインなのです。通常トリロジーですがトリニティとも同意義です。「現在の自分は過去があるから存在している。過去があるから今があり、そして未来へ希望を持つことで現在がもっと輝くものになるんだ!」という決意のプリポーズも素敵だと思います。
また、女性が自分用に購入されるデザインとしてもトリロジーは人気です。過去を大切に、未来に希望を持ち、現在をより輝かせる。そんなダイヤモンドの輝きと共にたくさんの笑顔が溢れるよう今にしようというデザインコンセプトが込められているのです。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ