スターオブサウス(The Star of the South)

スターオブサウス(The Star of the South)南の星

1853年7月にブラジルのエルドラード鉱山敷地内のバガジェム川(Bagagem River)で発見されたダイヤモンド。スターオブサウス(南の星)・ダイヤモンドは当時世界最高の加工技術を持つとされたオランダのロイヤルコスター社のマスターカッター”ボーザンガー”の手で128.48カラットのクッションミックスカットにカットされました。スターオブサウス(南の星)は窒素を含まない超深度起源ダイヤモンドでタイプIIa(クリッパー)である事が報告されています。カラーグレードはFancy light pinkish-brown(幻想的な淡いピンクがかった茶色)でクラリティ(透明度)グレードVS2、原石発見時は254.5カラット(50.90g)の重さが有りました。
仕上がったスターオブサウス(南の星)は1862年のロンドンの展示会、1867年にはパリで開催された国際博覧会で展示され注目を集め、インドのマハラジャに11万ドルで売却される予定でしたが交渉は上手く行きませんでした。しかしスターオブサウス(南の星)が交渉為に送られたインドの地で、当時西インドのグジャラート地方を支配していたガーイクワード家の王子が8万ポンドで購入し78.5カラットのイングリッシュドレスデンダイヤモンドと一緒にネックレスに取り付け王家の宝としました。
当時1,000万ドル相当のロイヤルコレクションの一部とされましたが、ある時競売に賭けられインドのマハラジャが買い戻し個人所有となる、最終的に2002年フランスの宝石商カルティエが買い戻しています。

エルドラード黄金境で発見されたダイヤモンド

スターオブサウス(南の星)が産出したブラジルのバガジェム川はエルドラードとして語られる伝説のダイヤモンドと金の鉱山の敷地内です。エルドラードは黒ひげ危機一髪の海賊”黒ひげ”が目指していた事でも有名。

スターオブサウスについての有名な逸話が残されています。ブラジルの金鉱山で働く工夫がトランプゲームをしているのをある冒険家が見つけました。工夫たちは透明な石をチップ代わりにトランプゲームをしていたのです。ダイヤモンド等の鉱物学に明るかった冒険家は、そのチップ代わりに使われている石がダイヤモンド(スターオブサウス)であると見抜くと工夫に持ち掛けます。「私をヨーロッパまで船で送ってくれたら、その船をあなたたちに差し上げます。その代わり、トランプゲームに使ているチップを私にください。」と、チップに使っている石がダイヤモンド(スターオブサウス)とは知らない工夫は冒険家をヨーロッパまで送り届けると、お宝を目指す旅に譲り受けた船で向かったという逸話が有ります。
冒険家はその後スターオブサウス(南の星)ダイヤモンドを販売し巨万の富を築くのです。当時金鉱山として稼働していたブラジルの鉱山でダイヤモンドが産出したことは大きな驚きだったのです。
金とダイヤモンドが両方産出する、そんな夢のような場所からスターオブサウス(南の星)は産出したのです。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ