BRIDGE ANTWERP > ルース > Crimson rose – Pigeon Blood Ruby
Crimson rose – Pigeon Blood Ruby

Crimson rose – Pigeon Blood Ruby

深紅の薔薇・ファンシーズ

サンスクリット語でルビーは、宝石の王を意味するラトナラジュと呼ばれます。ダイヤモンドが研磨できるようになるまでは宝石の中でも最も珍重されていたのがルビーです。

真紅の薔薇のようなルビー。ミャンマーは長波紫外線に鮮赤色反応を示す特別なルビーの産出する場所。溢れんばかりの赤い光の洪水がなかなか写真に写らないのが残念な逸品。ルビーは産地によって価値が大幅に異なる宝石です。中でも一番の産地はミャンマーでベトナムやタイなどの産地との比較では3~5倍の取引価格となります。それはミャンマー産ルビーの持つ鮮烈な紫外線反応に有ると言われています。

3ct以下の宝石でルビーにはカラーストーンの中で最高の価格が付けられます。このためカラーストーン市場では、ルビーが最も重要な宝石のひとつとなります。 全く不純物のないもの場合、その鉱物コランダムは無色になります。 鉱物の結晶構造の一部である微量元素が、様々な色を生み出します。 クロムはルビーの赤い色に起因する微量元素です。クロムの含有が1~2%でルビーに1%以下ではピンクサファイヤとなります。3%以上では灰色から黒くなってしまい宝石としての価値を失います。ミャンマー産ルビー 1.13ct-NN オーバルカット

ダイヤモンド(裸石)
1.13ct 非加熱ミャンマールビー
¥1,620,000(¥1,500,000)~
  • 価格・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
  • ご覧の環境より実際の色調と異なる場合がございます。
  • 商品の詳細に関しましては店頭までお問合せください。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ