BRIDGE ANTWERP > 用語集 > わ行 > 割金(わりがね)

割金(わりがね)

割金 わりがね Alloy 

貴金属を合金する際に混ぜる金属。設定品位によって加える量が変化する。一般的には金では銅や銀、プラチナではパラジウムが用いられる。割がねの分量で色合いや融点などが変化する。

BRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリーではピンクやイエローゴールド、ホワイトゴールドな取り揃え

金の割金は銅、銀、パラジウム等が用いられる

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは高純度プラチナ950をさらに超硬素材に加工変化させます

プラチナの割金はパラジウム、ルテニウム等のプラチナ族の貴金属が用いられる。日本国内で製造される貴金属素材にはアレルギー物質の使用が禁止されています。

⇒金の品位についてもっと詳しく

 

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ