BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ま行 > マリッジリング(結婚指輪)

マリッジリング(結婚指輪)

結婚指輪お互いの分身を身に着け合う

男性と女性で結婚指輪の好みが合わない時どうする

MARRIAGE RING マリッジリング・結婚指輪、婚約指輪との区別が一般的につきづらいが、こちらは男女ペアのリングが一般的。起源は古く古代ローマの時代5世紀ころまで遡ります。婚姻の考え方は時代とともに変化しており、結婚指輪の考え方も伴って変化してきている。現代の結婚式ではお互いの分身として指輪を交換します。
常に身に着けるマリッジリングはお互いがお互いを常に意識して行けるようにと言う意味が込められている。日本では昭和40年頃に生活の欧米化に伴いポピュラーになり、結婚情報サイトなどの調査によると結婚するカップルの98%までが結婚指輪を付けている。

⇒結婚指輪についてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ