BRIDGE ANTWERP > 用語集 > な行 > ナート(Nart)

ナート(Nart)

ナート(Nart)

上質なダイヤモンド原石からは美しいダイヤモンドが研磨される

ダイヤモンド原石にみられる特徴的な部分名称。主にダイヤモンドの原石がツインズ結晶の場合に結晶の接合面にナート(Naat)という黒い線のようなものが見える。ナートが見えるツインズは単体のように見えて実は接合部分でダイヤモンドの成長線は逆向きに変化します。結晶形が反転する事で加工可能な方向も変化してしまいます。へき開が途中から異なる一つに見える二つ以上の結晶の集合がツインズなのです。その為ナートを90℃に研磨することは非常に難しく研磨面が美しく仕上がらない可能性が高いので最終的には美しさに影響を及ぼします。またナートは通常ブラックインクリュージョンなのでアントワープブリリアントではそうした原石は取り扱いません。

⇒ダイヤモンドの原石やナートについて詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ