BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > 加工硬化

加工硬化

金属は鍛え上げる事が鍛造する事が出来る

貴金属は鍛えあがて強くする事が出来て鍛造と言う

加工硬化(かこうこうか)一般的に金属は叩いたり曲げたりする加工を加えると硬くなります。金でできた金属の板を曲げてみる動作を何度も繰り返していくとだんだん固くなり次第に曲げにくくなります。金属を鍛えげるこの作業は鍛造とも呼ばれます。この時金属内部には鍛流線(メタルフロー)という金属の流れが出来上がります。鍛流線は鍛えれば鍛えるほど強くなり、ある一定地点で断裂してしまいます。複数の鍛流線が密集する状態を作り出すと金属はより強くしなやかに仕上がります。しかし、鍛流線が断裂すると金属は逆に脆くなり、硬さが失われてしまいます。硬さと脆さは表裏一体と言われる所以です。
金属を鍛え上げて硬くする効果を加工硬化と呼びます。また元に戻すには火をかけて一定以上の温度まで熱すると柔らかくなって元に戻ります。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ