BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > 光のメビウス(BRIDGE)

光のメビウス(BRIDGE)

Made in Paradise

光のメビウス

富める時も病める時も いつもまっすぐ

三回ひねる”メビウスの輪”は本当はどこかで表と裏が繋がる部分が出てきます。絵には描けるけれども実際に造形する事はできない空想のカタチ!

そういう意味合いから”三回ひねりのメビウス”は「表裏一体」のシンボルとされています。表と裏が一体であるという「矛盾」するテーマを持つリング。しかし「矛盾」こそ生の本質なのでは?天国(楽園)産のメビウスの輪はお互いに表裏一体となって歩む夫婦生活を応援する形です。

富める時も病める時もいつも、まっすぐにいてほしいとの思いを三回ひねりの光るメビウスに込めています。

 

日本人の指に、すんなりとなじむような幅感や、ボリューム感を考えてつくられています。

ふと過ぎず、細すぎずの絶妙なボリューム感が人気です。

プラチナのグロス(つや加工)が大変人気がありますが、お肌の色に合わせて

マット加工や、カラーゴールドを選ぶ方もいらっしゃいます。

また、女性用のリングは、宝石をアレンジすることで、華奢ながららもジュエリーとしての

存在感を感じることが出来て、任着があります。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ