BRIDGE ANTWERP > 用語集 > た行 > トゥワイニングウィスプ(Twinning Wisp)

トゥワイニングウィスプ(Twinning Wisp)

トゥワイニングウィスプ(Twinning Wisp)

トゥワイニングウィスプはダイヤモンドの内包物の集合体で4Cクラリティ評価において使われる業界用語。トゥワイニングウィスプは単体の内包物ではなく小さな包含物のグループを指す言葉です。


トゥワイニングウィスプを構成する内包物の種類はクリスタル(結晶)、ニードル(針)、イッチングチャンネル、ツインプレーンにあるピンポイント(小さな結晶)、マックル結晶(双晶面)などです。小さなトゥワイニングウィスプは外観に大きな影響を与える可能性は低いのですが、大きなマクルなどの逆向きグレインの原因になるような内部特徴を含むダイヤモンドは美しさを損なう場合が在りますので注意が必要です。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ