BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ら行 > リチャード T. リディコート(Richard T. Liddicoat)

リチャード T. リディコート(Richard T. Liddicoat)

Richard T. Liddicoat(リチャード T. リディコート)1918~2002年

The Father of modern Gemology【現代宝石学の父】と呼ばれる。ダイヤモンドの国際的な評価基準4CのカラーグレードD~Zを考案するなどしたGIAの後継者。このダイヤモンドのカラーグレード評価システムは1953年に導入され、世界のダイヤモンド業界で非常に高い評価を受けました。リディコート氏がカラーグレードを決定するまでダイヤモンドの色については大まかな決まりは有ったものの細かなグレードは存在せず、公平な取り引きを実現するために業界は毎回大変な労力をかけていました。1955年にGIA初のダイヤモンドグレーディングレポートを発行しました。これは世界最初の宝石の鑑定書でした。

1947年に出版したカラーストーンなど宝石種の鑑別を記した著書Handbook of Gem Identification(宝石鑑別ハンドブック)は現在も最も有名な宝石学の教科書の1つです。

リディコート氏は当初の専門はカラーストーンでしたがGIAに入社後頭角を現し。1960年にはThe Diamond Dictionary(ダイヤモンド辞書)1964年にはThe Jewelers’ Manual(宝石商の手引書)を著しました。1983年にGIAを引退しましたが2002年にこの世を去るまでダイヤモンド業界に係わり続けました。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ