BRIDGE ANTWERP > プロポーズスポット > その他東京都 > 立佞武多(たちねぷた)のまち五所川原 青森県
伝統的で大迫力のたちねぷたを見ることが出来る

立佞武多(たちねぷた)のまち五所川原 青森県

青森県五所川原市大町506-10
TEL.0173-38-3232

津軽平野の真ん中、作家太宰治の生家「斜陽館」、中世安藤氏の十三湊遺跡群、ボルテージが一気にあがる夏祭り「五所川原立佞武多」といった歴史と文化を擁し、農林水産業を基幹産業とする豊かな自然に恵まれた田舎町「五所川原市」。毎年8月4日から8日の5日間で開催されている「五所川原立佞武多」は、「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つです。高さ23m、重さ19tの巨大立佞武多が練り歩く街の姿は、まさにミュージアムのようです。このお祭りを年中体感できるのが「立佞武多の館」という場所です。立佞武多祭りに出陣する3台の大型立佞武多を常設展示して観覧できるほか、新作立佞武多の製作体験、津軽の民工芸の製作体験、五所川原ネプタのお囃子の演奏など様々なイベントが行われます。特産品も多く「赤〜いリンゴ」「干し餅」、シジミ日本一の漁獲量「十三湖のシジミ」が有名です。「あげたい」はとってもおめでたいです。

【プロポーズコース】

10:00 立佞武多の館へ

展示室には常時実際の祭りで運行される大型立佞武多3台を展示しております。3Fの製作所では、巨大なねぷたの製作現場も見学できます。また津軽独特の玩具「金魚ねぷた」や「立佞武多灯籠」「ミニ津軽凧」の製作体験ができます。金魚ねぷたは、ねぷた祭りには欠かせない燈籠の一つで、子供から大人まで人気の高い体験メニューです。最上階の展望ラウンジでは岩木山、八甲田山、梵珠山、津軽平野の景色を眺めながら食事もできちゃいます。

12:00 鶴屋稲荷にお参り

「立佞武多の館」隣の整備された立佞武多広場は、催し物が行われたり、市民、観光客、そして恋人たちの憩いの場になっております。立佞武多広場と道路を挟んで隣にある神社が鶴屋稲荷。アニメチックなかわいいキツネがトレードマークですよ♪

13:00 あげたいの店やグルメ散策

注文を受けてから、たいやきを揚げる「あげたい」は五所川原市のソウルフードです。外側がカリッカリでアツアツ、手作りのあんこが尻尾までぎっしり。鯛だけに縁起物として人気があります。甘い恋には甘いスイーツで演出を♪恋も「あげたい」もアツアツが一番ですね♪

14:00 赤〜いりんご

果肉・花・若葉・枝までもが赤く世界的にも珍しい「赤〜いりんご」。「赤〜いりんごの並木道」が一ツ谷地区にあり、花が満開の頃は特に賑やかです。鮮やかなロゼカラーが特長の「赤〜いりんごワイン」、 ほどよい酸味と甘さを抑えた「赤〜いりんごジャム」、 ほのかに香る湯の中で彩を添える「赤〜いりんごの花茶」、「赤〜いりんごのジュース」など、いずれも無添加・無着色で、自然なおいしさを楽しめる加工食品も多いのご特徴です。

15:00 芦野公園で

桜1,500本と松1,800本が湖畔に広がり、日本さくら名所百選に選ばれている80haの自然公園があります。文学碑や歴史民俗資料館、津軽三味線発祥の碑のほか、ヒグマや鹿などのいる児童動物園、家族で遊ぶふれあい広場、オートキャンプ場等があり、地域の行楽地として親しまれています。公園の中を通る津軽鉄道、そして小さな駅、のどかな風景が人気のスポットです。

《アクセス》

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ