BRIDGE ANTWERP > プロポーズスポット > その他東京都 > レトロモダンの街・弘前/吉野緑地 青森県
ノスタルジーを感じる素敵な街並み

レトロモダンの街・弘前/吉野緑地 青森県

青森県弘前市大字吉野町2-7
TEL.0172-33-8739

青森県の南西部、津軽平野の南部に位置する弘前市。東に八甲田連峰、西に「津軽富士」と呼ばれる青森県最高峰の岩木山、南には世界遺産の白神山地、平野にはりんご畑が広がる自然豊かなところです。街中には江戸時代に建立された天守が現存する弘前城があります。吉野緑地といえば「吉井酒造煉瓦倉庫」で、福島藤助が建てたものです。明治29年、大工であった福島藤助は酒造りに転業。近代的な設備をもつ工場が必要だと考え、市内にレンガ工場を建て、自家生産のレンガを焼き、完成までに7年かけて醸造工場を造ったそうです。「吉井酒造煉瓦倉庫」を会場として、2006年に開催された弘前出身の世界的アーティスト「奈良美智展 YOSHITOMO NARA + A to Z」は全国的に注目を集めました。高さ3m、全長4.5もある巨大な犬型オブジェは自由に触れることができます。ユーモラスなオブジェをバックに記念撮影ははずせません。吉野緑地には、電車の音や、教会の鐘の音、最勝院五重塔の鐘の音といった弘前の音風景も広がります。吉野緑地は不思議な歴史の渦の上に経っている、最も弘前らしい風景のひとつですよ。

【プロポーズコース】

10:00 青い芝生が気持ちいい

弘前市の中心市街地にある面積約6,000?の緑地公園。敷地内に「A to Z Memorial Dog」が設置されている、初夏にはラベンダーが咲き誇り、緑と紫の花のコントラストが美しい。ベンチからは日本最北の五重塔や弘前昇天教会を望む。また、吉井酒造煉瓦倉庫に隣接しているほか、私鉄(弘南鉄道大鰐線)の沿線でもあり、時折電車がそばを横切る。

10:30 歴史の重みを感じる煉瓦倉庫

大正期に建てられた赤煉瓦倉庫の吉井酒造煉瓦倉庫は、吉野緑地に隣接する。吉井酒造株式会社がシードル(林檎酒)醸造のため大正14年(1925年)年に建設した大規模な酒造所。周辺地区のランドマークとして親しまれてきたこの倉庫を、奈良美智氏が自身の個展「I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」(2002年)の会場として使用したことに端を発し、奈良氏の展覧会会場として過去2度に渡り使用されてきた。

11:00 街中めぐりはまずお城から

津軽統一を成し遂げた津軽為信によって慶長8年(1603年)に計画され、二代目信枚が慶長15年(1610年)築城に着手し、翌16年に完成。三重の濠と土塁に囲まれた6つの郭から構成。城内には天守閣・櫓3棟・城門5棟が残され、いずれも重要文化財に指定。春のさくらまつり、秋の菊と紅葉まつり、冬の雪戸燈籠まつりと、四季折々にお祭りがある。

13:00 レトロな洋館があちこちに

弘前市は明治、大正時代に建てられた洋館が数多く残る。とんがり屋根の洋館や煉瓦の教会など、眺めるだけでタイムスリップできるような不思議な雰囲気。青森銀行記念館、弘前昇天教会聖堂・弘前カトリック教会会堂・一戸時計店・弘前学院資料館など、市内の洋館めぐりをするのもまた楽しい。

15:00 愛が成就するアイテム

青森県南津軽郡大鰐町の大鰐駅から、弘前市の中央弘前駅を結ぶ弘南鉄道大鰐線。吉野緑地からは、電車が横切る風景や、駅に停車している電車を時折見ることができる。2車両編成となっている電車のつり革は、岩木山とりんごをイメージした赤いつり革だが、1車両に1つだけ、ハートの形をしたつり革があり、見つけると恋が実るといわれ、恋愛成就のラッキーアイテムとして話題に。

《アクセス》

 

車:東北自動車道「大鰐弘前IC」弘前方面20分
JR:弘前駅より徒歩約20分
バス:JR弘前駅より「中土手町」下車徒歩3分

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ