恋にまつわる逸話の残る温泉街

粟津温泉 石川県

石川県小松市粟津温泉
TEL.0761-65-1834

奈良時代に開湯した北陸最古の温泉地、粟津温泉。この地に400年も昔から語り継がれる「おっしょべ恋物語」は旅館の奉公人として働いていたお末と竹松のハッピーエンドの恋物語です。温泉街のはずれには、二人がデートの待ち合わせをしたと伝えられる「おっしょべ滝」や、春の女神とも呼ばれる「岐阜蝶」が見られる「おちょぼ池」などがあるおっしょべ公園、地蔵が並ぶ祈りの小径などあり、歴史ある風情が漂う温泉街と合わせて二人でゆっくり散策するのにおすすめです。「おっしょべ」にあやかって、二人の気持ちを絵馬に託したら那谷寺に奉納して帰りましょう。

【プロポーズコース】

10:00 幸せな二人に見守られ

温泉街の散策は、約400年前に恋を成就したお末と竹松が優しく見つめ合っているおっしょべ像からスタートです。お末と竹松にあやかって、おふたりの愛の散策を行きましょう♪

11:00 歴史を感じる、願いを叶える

718年の粟津温泉の開湯時が創業といわれる旅館「法師」、樹齢約400年の「黄門杉」など、歴史ある温泉街を抜け大王寺へ向かいましょう。さらに粟津町の総社「白山神社」の横の道を進むとそこは祈りの小径です。道の両側にずらりと並ぶ小さなお地蔵様は、実際に西国三十三ヶ所を巡礼したと同じご利益があるとか…♪お願い事は恋愛成就ですね!!(笑)

11:30 煉瓦造りのかわいい鐘

33体のお地蔵様への参拝がすむと目の前に見えてくるのが「幸せの鐘」です。願いを込めて鳴らすと幸せになれるというこの鐘、お末と竹松が現代にいたら仲良く一緒に鳴らしていたのかもしれません。鐘を鳴らした祈りの小径を降りおっしょべ公園へいってみましょう。

13:00 美人の湯でお肌ピカピカ

再び温泉街へ。ちょっと歩き疲れたところで温泉が気持ちいいですよね。黄色い暖簾が目印の「総湯」がオススメです。ここは「美人の湯」として有名なんですよ。お湯に入ればお肌しっとり、冬でも湯冷めしないそうです。入浴料は300円と、気軽に立ち寄れるのがうれしいポイントです。

15:00 願いの絵馬を奉納

十一面千手観音をまつる那谷寺。お末と竹松も結婚の挨拶回りの後この観音様に参拝したといわれています。二人の思いを絵馬につづって奉納しましょう。おそろいのお守りは、願いが成就するときまで大切にしましょう。次に訪れるときも二人一緒にお礼参りで決まりですね♪

《アクセス》

北陸自動車道小松ICより車で約25分

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ