BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > プラチナ(Platinum)

プラチナ(Platinum)

Platinum プラチナ

白金の英名。原子番号は78番。日本国内ではホワイトゴールドを白金と直訳できるため混同しがち、誤解しないためにプラチナと呼ぶ。非常に高い融点温度を持つ貴金属で金と同様に王水以外にはとけない性質を持つち科学的に非常に安定しているために貴金属ジュエリーの素材として人気は高い。高融点の為に100年前程度歴史をさかのぼると加工が難しかった為アンティークでもプラチナ製のジュエリーはほとんど登場しなくなってしまう。

プラチナジュエリーは含有率85%以上のプラチナ850、90%以上のプラチナ900、95%以上のプラチナ950、99%のプラチナ999の4種類がある、一部”プラチナシルバー”や”プラチナゴールド”等の表記について、JJAでは貴金属の全体量の51%以上がプラチナである場合にプラチナと名乗る事が出来るとしている為。含有率が51%未満でプラチナを名乗るのは間違っている。

※また全体量の50%以上を含有しない場合は素材名として名乗ることはできない、プラチナ100等は表現として適切ではない。例えば全体の30%パラジウム、30%ゴールド、40%プラチナの合金があったとすると、この金属はゴールドもパラジウムもプラチナとも名乗る事は出来ない(表記の最初に持ってくることは禁止、ゴールドプラチナ400やプラチナ400は禁止。)ルールに定められている。

⇒プラチナについてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ