BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > うち甲丸

うち甲丸

うち甲丸

内甲丸仕上げとはリング内側の指あたり部分を仕上げ職人(クラフトマン)が磨き上げて角を無くし”つけ心地”を良くし改良して着脱のストレスを無くした指輪の事です。リングの内側に地金を盛ってボリュームを上げる場合もありますが、リングの厚みは特定のミリ数を超えるとつけ心地が逆に悪くなります。そこで私たちの内甲丸リングはリングの縦幅を抑え、指通しと着脱ストレスのない”優しい”つけ心地を目指して仕上げられます。

※私達の統計では、リングの内側に地金を盛って縦の厚さをつけすぎると、逆につけ心地は悪くなり使いにくくなるデータがあります。

内甲丸で着脱ストレスのない最高のつけ心地を実現したブリッジ銀座の結婚指輪フォルムの美しさが人気の秘密

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは指輪を作って70年以上の実績があります。その中で導き出された指当たり良く着脱ストレスの無い内甲丸の曲線を導き出しました。そして、そのフォルムをすべてのリングに採用しています。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのリングはデザイナーSAWAの意匠で断面に大きなこだわりがあります。デザイナーは指と指輪の接地部分と設置部分からデザインが始まる側面部の空間を大事にしています。この空間の使い方により同じストレートのリングであっても指長効果が得られるのです。優しい指通りで指長効果が有り定評があるデザイナーのこだわりは今まで多くの花嫁に喜ばれています。

キメの整ったプラチナと内甲丸でつけ心地抜群のブリッジ銀座の結婚指輪ではアントワープブリリアントが人気 幸せなつけ心地で人気のブリッジ銀座のマリッジリングは内甲丸とプラチナのキメが最高

またプラチナ素材は表面のキメに拘ってお作りします、キメの整ったプラチナの肌さわりは最高で、着脱ストレスのない優しい内甲丸とキメの整ったプラチナのつけ心地は格別です。ぜひ店頭でお確かめください。

⇒BRIDGE仕上げについてもっとわしく

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ