BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > 歩留まり

歩留まり

歩留まり ぶどまり

歩留まりは、ダイヤモンドなどの宝石類を原石の段階からカット・研磨して仕上げた際に原石から見た仕上がり時の重さの比率。『歩留まりがよい』は原石のロスが少なく仕上がったの意味。通常ダイヤモンドを最高プロポ―ジョンで仕上げると原石から半分以上が失われる。歩留まりが悪い。

⇒ダイヤモンドカット研磨の歴史

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ