BRIDGE ANTWERP > 用語集 > や行 > ゆきどけ(BRIDGE)

ゆきどけ(BRIDGE)

Cheerful Set

チアフル ゆきどけ

急がず怠けず ただしっかりと

春の温かな風が吹き込むといよいよ春の訪れとなる雪国の冬。山に残った残雪がゆっくりと少しづつ春の風に溶け出し、地面にゆっくりと吸い込まれていきます。地中で静かにゆっくりと浄化された美しい湧き水が伏流水となって現れます。

 水は急がず、しかし、しっかりと流れゆきます。そんな“ゆきどけ”の芽吹きに笑う山を二人の未来と重ね合わせています。

華やかなサイドダイヤモンドメレがかわいいディープアフェクションはセットリングにもぴったりで個性的なので人と被らない

 

日本人の指に、すんなりとなじむような幅感や、ボリューム感を考えてつくられています。

ふと過ぎず、細すぎずの絶妙なボリューム感が人気です。

プラチナのグロス(つや加工)が大変人気がありますが、お肌の色に合わせて

マット加工や、カラーゴールドを選ぶ方もいらっしゃいます。

また、女性用のリングは、宝石をアレンジすることで、華奢ながららもジュエリーとしての

存在感を感じることが出来て、任着があります。

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ