BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > ブルーホープ (ホープダイヤモンド)

ブルーホープ (ホープダイヤモンド)

Blue Hope ブルーホープ (ホープダイヤモンド Hope Diamond)

世界的にも最も有名なダイヤモンドの一つ。呪いのダイヤモンドなどとも呼ばれることがあるが、実際は呪いのダイヤモンドなどと言う事はない。現在アメリカのスミソニアン博物館内にある国立自然史博物館に展示保管されている。重量はなんと45.50カラット!しかもカラーはブルー(ファンシー・ダーク・グレイッシュ・ブルー)。クラリティグレードはVS1。紫外線を当てると、1分以上に渡って赤い燐光を発する特別な反応を示す。アンティーククッションカット。

通常ダイヤモンドに紫外線を当てると青色の蛍光反応を示しますが(ダイヤモンド全体の内66%は何らかの紫外線反応を示す。)赤くしかも1分以上も光り続けるというのは極めて珍しい、青いボディーカラーで赤い反応はとても面白い。現在のところなぜ赤い反応色なのか?その原因は解明されていない。青い色の原因は、不純物として含まれるホウ素が原因であることが解析の結果判明したが、ダイヤモンドが生成する地下200キロにはホウ素がほとんど存在していないため、タイプ2bのダイヤモンド自体がどうやって自然界で誕生したのか?を含め謎が多い。

ブルーホープでは「呪いの伝説」が有名です。所有者が次々と悲運の死を遂げる事で呪わてれいると言われていました。原因となったのはヒンズー教の寺院で女神像の目に嵌められていた2つのうちの1つを盗んだことから始まっているようです。盗まれたことに激怒したヒンズー教の僧侶がダイヤモンドの持ち主に強い呪いをかけた事が原因とされている。

ブルーホープはもともとフレンチ・ブルーというもっと大きなダイヤモンドであったがフランス革命の時に何者かに持ち出され、小さくリカットされたのではないかと言われている。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ