BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ま行 > 杢目金(木目金)

杢目金(木目金)

もくめがね MOKUMEGANE

木目金は400年前の日本で誕生した貴金属加工の名前。金やプラチナ等の色調の異なるカラーゴールドを組み合わせて、ロウ材を用いずに接合した木目調の貴金属のことを指す言葉。

お互いの金属融点までは過熱しないため、色調の違いで木目模様のように見える仕上がりとなる。その接合方法は拡散接合と呼ばれる共着け法を用います。拡散接合はツタンカーメンのマスクなどにも用いられた貴金属細工技法のひとつ。

もともとは金・銀・銅・赤銅を張り合わせたものを木目肌に鍛えた技法で作られた。江戸時代末期には武士の刀鍔や簪(かんざし)帯どめ等の装飾技法として用いられた。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ