BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ま行 > マルセル・トルコフスキー(Marcel Tolkowsky)

マルセル・トルコフスキー(Marcel Tolkowsky)

Marcel Tolkowsky マルセル・トルコフスキ―(1899年12月25日~1991年2月10日) 

マルセルBRIDGE銀座アントワープブリリアントギャラリー

マルセル・トルコフスキーは、ベルギー・アントワープ出身の数学者・ダイヤモンド・デザイナーである。 ベルギーのダイヤモンド加工業トルコフスキー家の一員。

トルコフスキー一家は現代までダイヤモンド研磨界に続く経営者一族で5代目のガビ・トルコフスキーは世界的にも有名なマスターカッターである。マルセル・トルコフスキーはガビの祖父に当たり、一族では4代目。産業革命期に活躍したマルセル・トルコフスキ―は研磨工場を経営する傍ら1919年に自身の著書「ダイヤモンドデザイン」の中でダイヤモンドの理想的なカット形状ラウンドブリリアントカットのアイディアルカットを発表した、経営者であると同時に彼は数学者であり、ダイヤモンド内部に入射した光の進路を計算した偉人として知られる。

同時代に活躍した天才ダイヤモンド・クリーバー”ラザール・キャプラン(Lazare Kaplan)”と親戚関係(従兄弟)であったマルセルトル・コフスキーはラザール・キャプランからのオーダーで様々なダイヤモンドの最適な研磨角度を計算してさまざまなカットでダイヤモンドの反射を最大化する方法について数学理論を用いた博士論文を作成しました。マルセルトルコフスキーはあらゆる種類のダイヤモンドに適した公式が存在すると解明しダイヤモンドを最適にカットする技術を完成させた偉人なのです。

そうした理論醸成の背景となっているのは同時代にアメリカのヘンリーDモースによってリカットされる歩留まりよりも輝きを重視したダイヤモンドがもてはやされており、どの輝きを最高とするのか?が世界的にも待望されていたという事が在ります。マルセル・トルコフスキーは世界的なそうした需要にこたえたいという要望に応えてダイヤモンドデザインを発表したのです。

※1800年代はダイヤモンドの採掘が本格的に行われて居なかったため(地層学が未発達で何処からダイヤモンドが来ているのか?多くは謎に包まれていた)多くの数学者や芸術家にダイヤモンド研磨の依頼が舞い込んでいた時代、専門的にダイヤモンド研磨だけでは仕事量が少なすぎた時代でもある。

しかし、トルコフスキー理論は不完全であり、改善の余地があった為、多くのダイヤモンド研磨者がエクセレントカットに挑戦しました。マルセル・トルコフスキーの発表した通りに研磨したダイヤモンドは多く存在しましたがGIAなどのダイヤグレードを決定する機関において最高の評価を受けることは在りませんでした。その後、様々な学者や研磨者がこの難題に挑み最高の輝きを追い求めます。1988年に最高グレードが決定されるまで彼の理論をもとにダイヤモンド研磨業界内で実に半世紀以上理論の醸成を待つ必要があったのです。

91年に自身の発明したエクセレントカットがフィリッペンス・ベルト氏の手で達成されることを見守った後この世を去った

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ