BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ま行 > マルセル・トルコフスキー

マルセル・トルコフスキー

Marcel Tolkowsky マルセル・トルコフスキ―

現代までダイヤモンド研磨界に続く経営者一族の3代目。産業革命期に活躍したマルセル・トルコフスキ―は研磨工場を軽視する傍ら1919年に自身の著書「ダイヤモンドデザイン」の中でダイヤモンドの理想的なカット形状ラウンドブリリアントカットのアイディアルカットを発表した、経営者であると同時に彼は数学者であり、ダイヤモンド内部に入射した光の進路を計算した偉人として知られる。

しかし、トルコフスキー理論は残念ながら不完全だたためマルセル・トルコフスキーの発表した通りに研磨したダイヤモンドがGIAなどのダイヤグレードを決定する機関において最高の評価を受けることはなかった。その後、様々な学者や研磨者がこの難題に挑み最高の輝きを追い求めた。1988年に最高グレードが決定されるまで彼の理論をもとにダイヤモンド研磨業界内で実に半世紀以上理論の醸成を待つ必要があった。

⇒ダイヤモンドのカットについてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ