BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ま行 > 明度・明るさ

明度・明るさ

明度・明るさ

色の三属性の1つで、宝石の価値判断においても重要な要素です。匂いや音、肌触りの感覚と同じように、色は私たちが目で見て得られる感覚の1つです。鑑賞して美しさを楽しむ宝石類にとって色は大変重要な要素です。その色の感覚は、光が目に入ることによって得られます。つまり、色を感じる原因は光なのです。そしてその光(色)には強さの強弱が有ります。

色の明るさの度合いを明度といいます。色=光と考えると分かり易いと思います。色には色相とは別に明るい色、暗い色というように色を比較して区別することができます。鮮やかな赤色は明るい純色ですが、鮮やかな青は比較的暗い純色といえるでしょう。水色は明るい色ですが紺色は暗い色の仲間です。しばしば混同されがちですがダイヤモンドの色標記でも濃くなることと暗く成る事は別の表現で評価されています。からダイヤモンドでヴィヴィット・カラーとインテンス・カラー、ディープカラー、ダーク・カラーは色の濃淡が同じレベルで重複している部分を持っています。これは色の明度でグレードを区別しているからなのです。明るい色になればなるほどさわやかで軽快な感じの色に、また、暗い色は重厚で落ち着いた感じの色になります。これを色の”軽重感”といいます。

カラー・ダイヤモンドでは二つの個体を同色と評価しても、その色(無色含む)の濃淡が美しさに大きな影響を与えるために色の明度でグレードを区別しています。

同じ色評価のダイヤモンドであっても色の軽重感の違いで見た目が異なります。ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは重厚になる場合でも暗くなるダイヤモンドを選定していません。専属研磨師の”フィリッペンス・ベルト氏“は明度のある明るい輝きを放つダイヤモンドを目指しています。それこそ最高の輝きと言えるのです。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ