BRIDGE ANTWERP > 用語集 > さ行 > スペクトル色相

スペクトル色相

スペクトル色相 すぺくとるしきそう

ダイヤモンドの輝きは表面反射と内部反射に分類されます。そのうち内部反射は反射の度にダイヤモンド内部で光が分解されて反射します。同時に内部に含まれる様々な要素が原因となって光の吸収が起こります。この時、補色となる光が色として見える事でダイヤモンドに色が付いたように見えるのです。分解する光のはスペクトル色相で合わらす事が出来ます。

普段私たちが「白色」光と思っているのは、実際には様々な色がバランスよく混合しているものだという事はご存知でしょうか?小学校の時に理科の授業でも出て来るのですが光の色で白色は三元素である赤と青、そして緑が全て同じ場所で交わる事で白色として発輝されます。要するに白色光は全部の色を光で足す事で出て来る色なのです。光の分散は身近な所では【虹】が有ります。一言でいうと虹は大気中の水蒸気やとっても微細な水滴の中を光が通過する際に、その光が水滴の中で屈折して分散することで光が色として分散して特徴的な模様が見られる大気光学現象です。白色光は分解すると虹の様な無限の色合いに分解できます。因みにわたしたち人間の目で識別できる色の種類は3億以上だとか、、、、目の性能凄すぎますね!

イギリスの学者ニュートン(1642-1727)は太陽光線をプリズムによって、分光しその中に、赤,橙、黄、緑、青、紫の連続色が含まれていることを発見した。この分光された光をスペクトル、スペクトル色相といいます。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ