BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > ヘンリー D モース(Henry D Morse)

ヘンリー D モース(Henry D Morse)

ヘンリー D モース(Henry D Morse)1826-1888

アメリカのダイヤモンドデザイナー・ポリシャー・マスターカッター・アメリカのボストンを拠点に活躍した有名なダイヤモンドカッターであり、ダイヤモンドカットの科学とスキルの大きな進歩を実現したレジェンド。歩留まり(重さ)よりも輝きを 世界で初めて提唱した研磨者でもある。輝きを追い求めた彼はそれまで困難だったガードル設定の概念を業界持ち込みました。動力問題と研磨熱問題を解決した蒸気機関式のブルーティングマシーンを1876年に新しく開発した研究者でもあるのです。

ブルーティングマシーンを発明したことでそれ迄、カット(クリービング)して”磨く”しか出来なかった超硬素材ダイヤモンドに輪郭を自由に設定できるようになったのです。これにより左右対称の形が流行します。同時にそれ迄直線的な仕上げしか出来な方ダイヤモンドに曲線の仕上を施す事も出来るようになり、原石に沿って平行(四角)にしか研磨できなかったダイヤモンドをボート型のマーキーズ、小判型のオーバル、丸型のラウンドと徐々に丸く加工する事に成功します。こうして1850年以降ダイヤモンドの新しい形がブルーティングマシーンの開発によってデビューしたのです。

ヘンリーDモースが活躍した1870年代、当時超硬素材で宝石として注目を集めるダイヤモンドという希少鉱石の供給がブラジル鉱山の枯渇問題で供給不足となり同時にインドの鉱山も枯渇し原石の供給がほぼゼロに陥ってしまいます。僅かにその他の産地のダイヤモンドが有る程度でほとんど供給されなくなったダイヤモンドですが、直後に南アフリカで発見され、その後1890年には安定的に採掘され始めた時代でした。

ダイヤモンドカッター(カッティングハウス)という職業は19世紀前半に先行し巨大な成長を見たロンドン、アントワープ、アムステルダムのヨーロッパが中心でした。需要に対して供給が不安定なために安定的な仕事ととなりえなかったダイヤモンド切断業ですが、アフリカの鉱脈稼働によって息を吹き返したのです。

モースはそれ迄、研磨熱の問題で小さく切断して仕上げる事がセオリーとされていたダイヤモンドの古典的な切断方法に疑問を抱き新しい切断方法が無いのか研究します。

しかし供給が不安定で謎に満ちた素材であったダイヤモンドの研磨や切断といった事業に懐疑的だった当時のアメリカ産業界ではモースを助ける者はあまりいませんでした。事業としての将来性が確保されていなかったからです。それでもモースは事業家B.S.Peryを説得しアメリカで最初のダイヤモンド研磨と切断を専門とする企業モールス・ダイアモンド・カッティング・カンパニーを設立、オランダ・アムステルダムから名売てのダイヤモンドカッターやポリシャーを招聘してカッティングハウス事業をスタートさせます。

“Beauty vs Weight”

ヘンリーD.モースは「美しさ 対 重さ」という新しい概念をダイヤモンドをカット業界に導入したのです。現在の考えでは当たり前のダイヤモンドの形を決定するときに原石の目減りを抑えつつも光の屈折値を考えたカットを施すという考え方は当時浸透していませんでした。ダイヤモンドは原石の重さをなるべく失わないように研磨するのがセオリーだったのです。モース達はそれまでに販売された多くのダイヤモンドを”リカット(再研磨)”して元々よりもカラットを失っても元々よりも輝くダイヤモンドを数多く市場に出していきます。

1866年にアフリカでダイヤモンドが発見されるまではインドとブラジルがダイヤモンドの主要産地でした。しかし、鉱脈枯渇の問題でダイヤモンドの希少性が爆発的に高まっていた時代でもあるのです。その為モースは”リカット”する事で古典的なカットであまり輝かなかったダイヤモンドを現代カットに仕上げなおして”より輝かせる”ビジネスを展開したのです。

この考え方は後にマルセル・トルコフスキーによって理想的なダイヤモンドのプロポーションが解明される大きなきっかけとなったのです。

当時のダイヤモンド研磨界の重鎮たちには考えも及ばなかった美しさを優先した研磨プロセスでしたが確実に市場に受け入れられて行くのです。モースの研磨理論は”レッドリングルーペ”と呼ばれ新しいカットスタイルへと進化していきます。何を持って美しいとするか?を市場に問いかけたモースの考えは当時のダイヤモンド研磨業界に大きな衝撃を与える新しい考え方でした。新たなダイヤモンドが採掘されなかった時代としては当然の流れだったかもしれません。そうした動きの中で1919年にはマルセル・トルコフスキーによってダイヤモンドの光学特性を計算して最適なダイヤモンドの研磨角度がダイヤモンドデザインで発表されるのです。

驚くべきことに1916年にモースのビジネスパートナーでブルーティングマシーンの共同開発者でもあったチャールズ・M・フィールドが研磨したダイヤモンド(モールス・ダイアモンド・カッティング・カンパニーのダイヤモンド)は現行のエクセレントカットと比較してもそん色のない輝きを放っていたのです。それについて2000年代に発表された文献の中に「ボストンのヘンリーモースが華麗な光が入ってきた光に与える影響について本当に科学的な研究を行い、可能な限り最高の結果をもたらす角度を見つけていた。彼が発見したダイヤモンドのプロポーションには改善の余地はほとんど残っていません。私が見た5カラットのすばらしいモールスカットは、最近カットされた石の中で見つかるダイヤモンドと同じくらいハンサムです。線と角度は洗練されていて完璧ですが、現行のアイディアルカットのプロポーションは、モールスの研磨理論にアイディアを得たのでは無い筈だ。」と記されています。

そして更なる転機が訪れたのは1869年バージニア州リッチモンドのほぼ向かいにあるマンチェスターで20カラットもの大粒のダイヤモンド原石が発見されます。持ち主だった発見者のムーア氏は幾つかの鑑定機関でこの原石がダイヤモンドであることが証明されると(諸説ありますが産地については完全に不明)研磨してくれる人物の選定を始めます。当時アメリカの宝石鑑定の権威だったサミュエルW.デューイもダイヤモンドであることは間違いないとしました。しかしこの原石には2つの大きな欠陥があるために当時世界中で活躍するあらゆるダイヤモンドカッター・マスターカッターはこのダイヤモンド原石をいくつかの小さいサイズに裁断して研磨すべきとの見解を示していました。逆に一つの大きなダイヤモンドにカット研磨することは不可能だと思われていたのです。しかし研磨の依頼を勝ち取ったヘンリーDモースは独自の理論アプローチでダイヤモンドを研磨するプランを立てます。

そしてモースは50%以上の歩留まりを保った12カラットの一つの大きなラウンドブリリアントダイヤモンドの研磨に成功します。発見者でこの時まで持ち主だったムーアはこのダイヤモンドをサミュエルW.デューイに売却します。デューイはこのダイヤモンドをデューイダイヤモンドと命名しました。新しい動力で稼働するブルーティングマシーンを駆使して仕上げられたデューイダイヤモンドは当時驚嘆をもって世界に紹介されたのです。

モースのダイヤモンドの評判は瞬く間に世界へ広がり、美しく研磨されたモースのダイヤモンドに注目が集まり世界中のダイヤモンドジュエラーから依頼を受け研磨するようになります。モースの発明で対称性を重視したアッシャーカットが新たに開発されたり(1902)やバケットカットやエメラルドカット等のステップカットは飛躍的に生産性と正確性が向上し再注目を集めることになります。

こうしたダイヤモンドの研磨を成功させたことでヘンリー D モースは”アメリカダイヤモンド研磨界の父”と言われるようになるのです。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ