BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > ブルーティング(ガードリング)

ブルーティング(ガードリング)

ブルーティング(ガードリング)

現在のブルーティングマシーン

17世紀末にベルギー等のダイヤモンド研磨の現場で発案されたダイヤモンドに曲線をつける技術で、後にアメリカダイヤモンド研磨の父と言われたヘンリーDモースによって完成された。ブルーティングマシーンを使う事によってダイヤモンドに曲線の輪郭を持たせる事が出来るようになった。ダイヤモンド研磨においては最も最初に行う作業でもある。ブルーティングは現在、ダイヤモンドのガードルを仕上げる際にブルーティングマシーンを使って仕上げるのが一般的。ブルーティングでガードルを仕上げる事をガードリングと呼ぶ。

ダイヤモンドのガードルを決めるブルーティングBRIDGE

ブルーティングマシーンの技術が導入されたことにより、ダイヤモンドに曲線を付けたり、直線をより正確に表現できるようになったのです。特に、マーキースカット、オーバルカット、ランドブリリアントカットとダイヤモンドのシェイプは丸みを帯びるように設計できるようになり、それ迄出来なかった様々なシェイプのダイヤモンドが登場します。

ブルーティング⇒クロスカット⇒エイトサイドポリッシュ⇒ブリリアンティング

ブルーティングマシーン登場以前は原始的なアプローチでダイヤモンドの輪郭を擦って少しずつ整えていました。大きくクリーピングする方法もありましたが思わぬ方向にダイヤモンドが砕けるリスクも有ったためにあまり採用されませんでした。このため1850年以前のダイヤモンドは多くの場合原石の輪郭を少し仕上げただけのフォルムで左右対称や丸や四角のフォルムを正確に整えたダイヤモンドは在りません。

現在最新式のブルーティングマシーンでは作業工程を拡大カメラで撮影しつつ慎重に進める事が出来るのでブルーティング時にダイヤモンドを破損してしまうなどのトラブルは起こりにくくなっています。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ