BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > フィンガープリント

フィンガープリント

フィンガープリント ふぃんがーぷりんと

フィンガープリントはスリランカ産コランダム内部に内包する不純物が指紋の様に見える事から呼ばれる業界用語。フィンガープリントインクリュージョン。この指紋状結晶は液体インクリュージョンで変成岩特有のスリランカ産だけに見られる特徴的な内包物。発見するとスリランカ産確定となる。

加熱処理では多くの場合黒すぎるサファイヤを青色に明るくしたり、白くて色の無いサファイヤを美しい青色へと色の改変へ行えますが、宝石内部も著しく損傷していると考えられています。サファイヤの融点温度ギリギリの1900度付近まで約1週間かけて加熱してゆきます。長いものは20日間など、その為、低融点の液幕やヘマタイト、ルチル、アパタイト等のコランダムの内包物は耐え切れずに変化します。その際、超高温で加熱していますので本体のサファイアにも大きな負担がかかっているのです。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ