BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ボーザンガー(Louis Benjamin Voorzanger)

ボーザンガー(Louis Benjamin Voorzanger)

L.B.ボーザンガー(Louis Benjamin Voorzanger)~1886

19世紀最高のダイヤモンドポリシャー・マスターカッター。所属するロイヤル・コスター・ダイヤモンドから派遣されて1851年にコイヌールの再研磨をした。この功績でパリ万博の銀メダルを授与された。

※ロイヤルコスターダイヤモンドは世界最初のダイヤモンド研磨機を作ったオランダ・アムステルダムのダイヤモンドカットハウスです。ボーザンガーは1886年に亡くなるまで世界中の王族のための特別なダイヤモンドを数多く仕上げています。

さらにボーザンガーはブラジル産のダイヤモンド”南の星(Star of the South)”の研磨も担当したことで有名です。ボーザンガーの所属するロイヤル・コスター・ダイヤモンドは原石を買い付けると研磨チームのリーダーに彼を指名します。兄弟子として世界最高の技術を持ったフェダー(J.A. Feder)が第一線を退いて居たためボーザンガーがリーダーに指名されたのです。

スターオブザサウスは1853年7月にブラジルで発見されたダイヤモンド原石です。発見当時254.5カラット(50.90 g)もの大きな原石でした。ボーザンガーはこの原石をクッションミックスカット128.48カラット(25.696 g)に仕上げました。

仕上がったスターオブザサウスは王室のバロダ州のマハラジャを含む多くの所有者の手に渡りますが、現在はイギリス王室の英国式ドレスデンダイヤモンドと共にネックレスに取り付けられるなど、歴史的なダイヤモンドとなります。2002年最終的にフランスの宝石商の所有となり、その後インドの富豪に売却されています。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ