BRIDGE ANTWERP > 用語集 > た行 > たがね(Chisel)

たがね(Chisel)

たがね(Chisel)チゼル
主に炭素鋼で出来た棒状の工具、槌で上部先端部分を叩いて、切削、切断、彫刻、打ち出し、模様打ちに用いられる。サイズの大きなものでは岩石や鉱物の切断、鉄工の斫り(はつり)などにも用いられる。工具屋には既製品も販売されているが、職人の多くは自前のタガネを自分の使いやすいように研磨研ぎ出しして調整加工する。加工後はタガネの刃先を焼き入れして鋼の様に鍛え上げて使用する。

タガネ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ