BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ら行 > ロジウムプレーティング(ロジウムメッキ)

ロジウムプレーティング(ロジウムメッキ)

ロジウムめっき Rhodium Plating

1930年頃アメリカで開発され、日本でも1935年には普及したアクセサリーやジュエリーの”白色めっき”の事。ロジウムコーティングとも、ホワイトゴールドはロジウムコーティングする事で外観をプラチナと同等に仕上げる事が出来る。鯛護制や腐食性にも優れている。ロジウムメッキは色調が酸化によって変化しない為に多くのジュエリーに用いられる。また表面のビッカース硬度は600~1000にも達し非常に堅牢になる為にジュエリーの傷除けにも使われる。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ