BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > 温間鍛造(おんかんたんぞう)

温間鍛造(おんかんたんぞう)

温間鍛造(おんかんたんぞう)

金属を鍛える加工作業の鍛造を、再結晶温度以上、個相線温度以下の範囲で加熱して行う鍛造作業を熱間鍛造と呼ぶ。設定温度はそのままの状態をキープして行われる。一方目的の金属を加熱や冷却を行わない常温状態で鍛造加工を行う事を冷間鍛造と呼ぶ。またこの両者の中間の温度帯で加工する鍛造技法を温間鍛造と呼ぶ。冷間鍛造、自由鍛造、熱間鍛造、複合鍛造などはひとまとめに鍛造製品と呼ばれる。

目的の金属の鍛造加工を「熱感」「温間」「冷間」のそれぞれの加工工程を順に行う加工技術を複合鍛造と呼ぶ

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ