BRIDGE ANTWERP > 用語集 > た行 > トランスペアレントポリッシュライン(Transparent polish line)

トランスペアレントポリッシュライン(Transparent polish line)

トランスペアレントポリッシュライン(Transparent polish line)

ダイヤモンド研磨の業界用語、ファセットやグレインなどを跨いでファセット研磨する場合に残ることがある、ダイヤモンドの研磨工程でついてしまう平行な研磨線。これは研磨用のドープをスカイフに対して固定して居るため平行にラインが付く事による、白く見える場合と、透明な場合がある。トランスペアレントポリッシュは透明なポリッシュラインの事。作業に熟練していることもあるが高品質原石だけを取扱うフィリッペンス・ベルト氏率いる研磨のTOPチームではほとんど見る事が出来ない。

インクリュージョンが表面に達する部分にグレインが在りその場所を研磨する場合にインクリュージョンが開口部グレインとつながって表面まで達する傷の様に見える。そうしたポリッシュラインは、「drag line(ドラッグライン)」と呼ばれる。

明確にファセット化していなくても同一のファセット内に明確なポリッシュラインで区切られたエクストラファセットのように見える稜線を持つ面、あるいわ線が在る場合を「polish mark(ポリッシュマーク)」と呼ぶ。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ