BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > ギュベリン博士(Eduard Josef Gübelin)

ギュベリン博士(Eduard Josef Gübelin)

エドワード・ジョセフ・ギュベリン Eduard Josef Gübelin (1913 – 2005)

ギュベリン博士は1913年スイス、ルッツェルン生まれダイヤモンドの鑑定鑑別機関で国際的な評価基準4Cを作り出したアメリカのG.I.A創立時のメンバーでもある。スイス宝石学協会名誉会長、国際宝石学会議(IGC)主催者

宝石学の権威者として宝石学の発展に寄与した功績は多大であり、特に宝石の結晶インクルージョンの研究を宝石学に取り入れた発案者である。

宝石研究者、宝石鑑別の第一人者。ギュベリン博士の内包物研究はそれ迄の色石の常識を覆し、多くの発見を業界もたらしました。特に顕微鏡による拡大検査において多くの発見をし現在の宝石鑑別拡大検査の基礎を築いた人物とも言われる。

著書

”The Nature of Mineral Inclusion in Gemstones”

”The Photo atlas of Inclusions in Gemstones”

など多数。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ