BRIDGE ANTWERP > トップに表示 > ダイヤモンドの鑑定書

ダイヤモンドの鑑定書

当店BRIDGEで取り扱うダイヤモンドに発行されるダイヤモンドグレーディングレポート(鑑定書)は、デビアス・グループのダイヤモンド専門の2鑑定機関「デビアス インダストリー(De Beers Group Industry Services)」と「IIDGR(International Institute of Diamond Grading & Research)」とAGL宝石鑑別別団体協議会会員の「CGL中央宝石研究所」から発行されます。

日本初のDeBeers Group Industry Services(2019)

De Beers Group Industry Services(旧称 IIDGR 国際ダイヤモンドグレーディング&リサーチ研究所)は、De Beers Group(デビアスグループ)によって設立されました。プレミアムサービスと独自の機器をダイヤモンド業界に提供しています。 イギリス(ロンドン)、ベルギー(アントワープ)、インド(スラト)にダイヤモンドのを鑑定する専門の拠点を構えています。デビアスグループは世界のトップダイヤモンド専門家によって運営されています。幅広いサポートを提供し、De Beers Group Technologyと協力して、業界をリードする検証機器の開発も専門的に行います。

インダストリーサービスは、研究能力、未公開の合成物の知識、および専門知識に関する世界的なリーダーです。 デビアスグループでは世界最高の専門知識を活用してダイヤモンドん合成物質、ダイヤモンドの成長方法、そして検出方法、利用可能なツールとサービスに対する認識を構築し世界中のダイヤモンドエキスパートに提供しています。

DeBeers Group Industry ServicesではIIDGR同様にインスクリプションナンバーをダイヤモンドにスタンプします。スタンプの内容は各鑑定書左ページ下部に記載されます。個々に設定されたグレーディングナンバーと別のインスクリプションナンバーを割り振っています。

2019年10月ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは国内のダイヤモンド取引商社に先駆けてデビアスグループのダイヤモンド鑑定書を採用し輸入を開始しました。

進化するインスクリプションナンバー

デビアス鑑定ではインスクリプションナンバーを従来のガードル刻印からテーブルスタンプに変更しています。インスクリプションナンバーはデビアスグループの鉱山で倫理的に正当な手法で採掘されたダイヤモンド原石であることの証明であり、紛争に関係ないコンフリクトフリーのダイヤモンドであることの証明でもあります。同時に原石の時に割り振られたこのナンバーが刻印されていることでダイヤモンドのトレザビリティーを証明できるのです。

日本初のIIDGRの鑑定書(2013年)

デビアスグループの鑑定鑑別機関IIDGRの鑑定書が発行されるのは、日本ではANTWERP BRILLIANTが初めてです。

IIDGRのロゴ

IIDGR(アイ・アイ・ディー・ジー・アール)は、世界基準のダイヤモンド評価と専門的な取り組みに正確性を備えており、ダイヤモンドの評価や鑑定及びカットにおいて古くから世界中のエキスパートたちが集まる「ベルギー・アントワープ」にラボトリーを構えます。

IIDGRでは、120年以上にわたるダイヤモンドの専門知識や最先端の鑑定技術を活用し、あらゆるサイズと品質のダイヤモンドを評価しています。
評価システムは、国際監査機関SocieteGenerale de Surveillance(SGS)より認可が与えられており、世界でも限られたダイヤモンドにしか発行されていないのです。

ガードルに、ダイヤモンドの個体ナンバーをレーザーで刻印する事で、従来は供給者の倫理観に頼ってしか担保できなかった鑑定書とダイヤモンドの完全な一致とコンプライアンスを実現しています。

ANTWERP BRILLIANTでは、キンバリープロセスを完全に担保したデビアス・グループの鉱山から供給された高品質なダイヤモンドを厳選しております。

デビアス・グループの鉱山から供給された高品質なダイヤモンド

IIDGRのガードルインスクリプションはダイヤモンドのトレサビリティを確立しています

2017年よりIIDGRのインスクリプションはテーブルスタンプに変更されております。クラリティグレードに影響を及ぼさない極小のスタンプでテーブルにナンバーを刻印しています。

 

国内最大の鑑定数 CGL 中央宝石研究所

中央宝石研究所は日本国内で最も信頼のある鑑定機関の一つです。

その鑑定数は国内最大で全流通ダイヤモンドのほぼ半分を鑑定していると言われています。宝石鑑別用機材は常に最新鋭が導入され、新しい鑑別技術も積極的に取り組んでおり、各種セミナーを開催するなど日本の宝石鑑別の歴史上でもとても重要な存在です。

ベルト氏の手によって生み出される「ハートアンドキューピッド(※)」を対称性のパターンとして世界で初めて鑑定書に取り込んだことでも知られます。

国内最大の鑑定数 CGL 中央宝石研究所

 

Heart & Cupidハートアンドキューピット

ハート&キューピッド

ワールドダイヤモンドカウンシル・キンバリープロセス インスクリプション ナンバー

当店で取り扱うダイヤモンドは上記二か所の鑑定鑑別機関のグレーディングレポートの他にキンバリープロセスを尊守したダイヤモンドであることを証明する独自の証明書が添付されてきます。

 国際連合により義務付けられた、ワールド・ダイヤモンド・カウンシル(World Diamond Council)のキンバリープロセスに準拠しているダイヤモンドだけを鑑定します。

これはブリッジ銀座で取り扱うダイヤモンドは完全なバージン・ダイヤモンドだけを厳選しているという事と、紛争ダイヤモンドではないという証明の為のサービスです。

このサービスでは生産者より与えられたインスクリプションナンバーをダイヤモンドのガードル部分に刻印しています。これにより、鑑定書とダイヤモンドの完全な一致を実現しています。

※ラウンドカットにも刻印が入ります。

 キンバリープロセス コンフリクトフリー 結婚指輪ブリッジ銀座 キンバリープロセス バージンダイヤモンド ブリッジ銀座は結婚指輪きちんとしたダイヤモンド

デビアスグループでは厳格な厳しいルールに従って、正当で倫理的に環境保全や社会貢献可能な取引を実現しています。

環境保全の視点では、原産国の採掘後の鉱山地帯をきちんと植樹して森に戻す緑地化の取り組みや、子育てから教育、病院や道路まで大規模な生活インフラの整備、雇用の創出など、限られた資源を大切にし、ダイヤモンドビジネスを通じて社会貢献できるように取り組んでいます。

ブリッジ銀座でお求め頂くダイヤモンドは病院や学校を建設したり道路や水道ガスなど原産地の生活インフラを整えたり、ダイヤモンドが産出国の主産業に発展させるべく貢献しています。

オススメ関連記事

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ