BRIDGE ANTWERP > ダイヤモンドの魅力

ダイヤモンドの美しさは原石と研磨者で決まる

地球上の存在する物質の中で屈指の硬さを誇るダイヤモンド、高硬度から発揮される表面反射と、石内部に入射して分散される七色の輝きは他のどんな宝石の美しさをも凌駕しています。ダイヤモンドには国際的な評価基準4Cが有ります。しかし4Cではダイヤモンドの美しさは測りきれません。では、そんなダイヤモンドの美しさはどうやって発揮されるのでしょうか?

実はダイヤモンドの美しさは【原石の品質】【研磨者の腕前】で決まります。ダイヤモンドの評価基準である4Cにおいてカットグレードが輝きを大きく左右するのは言うまでもないことです。しかし厳密にはカットグレードはダイヤモンドの品質基準4Cの中でその形(プロポーション)の良し悪しを評価する項目です。形(なり)の美しさはダイヤモンドを選ぶ際には確かに重要な項目です。しかし近年の技術革新により長年にわたって達成が難しいといわれて来たエクセレントカットでさえも、唯々エクセレントで良いならば、実は狙って研磨できるようになってきました。すなわちカット最高グレードは希少ではなくなっているのです。※あくまで歩留まりを考えない場合です。 

ダイヤモンドの4Cは美しさの指標としてよりも”希少さ”の指標としてお役立てください。ダイヤモンドは天然の鉱物です。原石の形も一つ一つ異なり、実は完璧な結晶は存在していません。宝石はもともと【不完全な中に美しさを見る】ものなのです。例えクラリティグレードFLフローレス評価のダイヤモンドでも電子顕微鏡で50~100倍に拡大すると天然の証で有る内包物(インクリュージョン)は確認する事ができます。あくまでも10倍の倍率での評価基準なのです。

ですのでカットグレードについてもカット高評価のダイヤモンドは確かに一定の美しさは担保するものの、トラフィックするファセットラインの一致や一つ一つのファセットの表面仕上げなど美しさに少なからず影響を及ぼす細かな項目はカウントされない項目があるため、完全に美しさの基準としては機能しないのです。

そこで重要なのがダイヤモンドを仕上げた作業者の【想い】や【拘り】、何よりそれを体現できる【技術力】と【審美眼】なのです。宝石の美しさは数値化できません。異なる複数の要素をブラックボックスにして美しさの基準を作っても、基準の形にダイヤモンドを仕上げることは現在の技術では容易い事なのです。

ダイヤモンドの彩度や明るさ、色温度は原石から引き継がれます

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーで展開するダイヤモンドブランド”アントワープブリリアント”では専属研磨師にフィリッペンス・ベルト氏を指名しています。ベルト氏の審美眼は世界最高レベルです。ダイヤモンド原石の美しさをそのまま引き継ぐ為、ダイヤモンドの選定は原石の時に事厳しく行われます。フィリッペンス・ベルト氏はボツワナから出荷された上位1%未満の上質ダイヤモンド原石の中ら自身の審美眼に叶うダイヤモンドだけを選び取って研磨します。ダイヤモンドに限らず宝石には単純に色の他に【彩度】【明度】そして【色の温度】が有ります。一見同じように見えるダイヤモンドですが天然石の為、実は一つ一つ異なる見た目をしています。それは仮に国際的な評価基準である4Cが同一であっても異なる見た目に成るのです。それは何故か?答えは「原石の品質に差が有るから」なのです。

フィリッペンス・ベルト氏の審美眼は世界最高レベルです。特にダイヤモンドを見抜く目はプロフェッショナルの中でも並外れていて確実に彩度が高く、明るく、そして暖かい色のダイヤモンドを選定します。※同じDカラーとランクされたダイヤモンドの中にも彩度が低く、暗い寒色のダイヤモンドは出現します。これはダイヤモンド内部に含まれる25種類の内包物が複雑に関係しているのですが、内包物の種類やサイズ、位置や分布度合いによってもそれぞれ異なるため一概には判断の難しい項目なのです。しかし、その複雑なダイヤモンドの輝きや煌めきに関する様々な要素を人間の目は一瞬で見抜く性能を備えています。ベルト氏の見抜く目は確実に美しいダイヤモンドだけを選定できるのです。

そしてベルト氏はダイヤモンドを研磨する技術も2ct以下のレンジにおいて、世界最高です。そのフィリッペンス・ベルト氏がトリプルエクセレントの基準値の中でそれぞれ異なる個性を持つダイヤモンド原石から最も最適な美しさを引き出して行きます。しかも選定しているダイヤモンド原石は最高品質のボツワナサイトのダイヤモンド原石のみ!「最高の原石を最高の研磨者が仕上げる」それがブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのダイヤモンドなのです。

価値の高い仕上げトリプルエクセレント

ダイヤモンドの国際的な基準価格を定めるラパポートレポートでもラウンドカットダイヤモンドの場合、エクセレントカットまでのダイヤモンドとトリプルエクセレントでは評価に差があることをご存知でしょうか?プロのバイヤーの間でもトリプルエクセレントだけは特別な価値のあるカット、形で仕上がったダイヤモンドであると評価されているのです。トリプルエクセレントは実際の価値としてもエクセレントカットとよりも高い仕上げなのです。

ダイヤモンドの研磨仕上げ

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーのダイヤモンドは最高評価トリプルエクセレントのダイヤモンドに仕上げるという最低条件をフィリッペンス・ベルト氏によって行っています。ダイヤモンド選びの際に美しいダイヤモンドを選びたいと思う気持ちはみんな同じであるように、ものつくりをする職人にとって自分の分身であるダイヤモンドという作品を本当に美しく仕上げたいという気持ちは同じなのです。

マスターカッター、フィリッペンス・ベルト氏の審美眼で選び抜いた超上質ダイヤモンド原石を、世界最高の研磨者が思いを込めての仕上げたダイヤモンドをぜひ店頭でご覧ください。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ