BRIDGE ANTWERP > ダイヤモンドのブリリアンスとシンチレーション輝きの種類

ダイヤモンドのブリリアンスとシンチレーション輝きの種類

ダイヤモンドのラスターとブリリアンスはシンチレーションによって輝く
ダイヤモンドの輝きは様々ある宝石の中でも特別です。宝石は基本的に輝きを楽しむものなのですが、色石と違ってダイヤモンドの輝きは光を分解する虹色と高硬度から発揮される表面反射がとっても神秘的です。すでにお気付きの方も居られると思いますが、ダイヤモンドの輝きはいくつかの種類で表現されます。
ブリリアンス、ラスター、シンチレーション、ディスパージョン、ファイヤー、ライフ、ブライトネス、ホワイトライト様々な輝き用語がダイヤモンドには有るのです。そしてそれらの光は、静止状態と動的状態でそれぞれ若干ずつ異なります。
輝きの要素は独立してはいるものの、互いに干渉し合って関係しあってダイヤモンド全体の輝きに影響します。
その中でもブリリアンスはとっても大切なダイヤモンドの輝き要素です。英語表記ではbrilliance、直訳の意味は光輝、光明、光沢、明るさ、すぐれた才気、明敏さ等です。ダイヤモンドの輝きとして表現される場合には全体の輝きや明るさとして表現される事が多いようです。

ブリリアンスを強く発揮するダイヤモンドは美しい

ブリリアンスはダイヤモンドの輝くスペクトル色相のシンチレーションダイヤモンドのブリリアンスには虹の閃光を放つ内部反射と白い閃光を放つ表面反射の2種類が大きくあり、その輝きにそれぞれ名称が付けれれています。ブリリアンスはその二種類光と全体の明るさを総合的日に評価して表現されます。
虹の光 内部反射はディスパージョンやファイヤー、白い光 表面反射はシンチレーションやラスターと呼ばれます。そしてこの4つの光の総合をブリリアンスと呼びます。
ページヘッダー写真は非常に美しいブリリアンスを放つダイヤモンドです。
以上2種類の光はそれぞれ白い光と虹色の光に分類され、さらに二つづつの光の名称で表現されます。4つの光はそれぞれ独立しているものでは無く、隣り合って影響し合う関係が有ります。図で表した黄色い太い光がダイヤモンドに反射してそのまま跳ね返っているのが表面反射、内部で2回反射して虹色に分解している光のが内部反射です。

ひかりの数値が上がれば綺麗なダイヤモンドと言うわけではない

上記2つの光の数値が高くなるとダイヤモンドが輝いているとなれば単純で良いのですが、そうでは在りません、ダイヤモンドが美しい輝きを放つ、若しくは私たちがダイヤモンドの輝きが美しいと感じるには、もう少し別の要素も必要なのです。単に光の数値が上がって白く明るいだけでは人間の目には美しく輝いているとは映りません。
例えば光を直接反射する大きな鏡を考えてみてください。それの光は強く、目がくらむほど明るいですが、美しさを感じる事は困難で眩しすぎて心地よい輝きと言うものではありません。
ダイヤモンドが光学効果の適切な組み合わせを生み出し、輝きを放ち、人間が美しいと感じるには光のコントラストとスペクトル色相が発揮された輝きモザイクのバランス、そしてそれらの光が動的なオンオフを伴いながらも切れ目なく表現されるようなシンチレーションが必要です。

ダイヤモンドのシンチレーションは輝きのコントラスト

ダイヤモンドのカットグレード等を管理するGIAでは、それらの項目を数値化して輝きを判定する。「ダイヤモンドの輝き測定器」などに対して、その数値が高いからと言ってダイヤモンドの輝きが美しい事を現すものではないと警鐘を鳴らしています。⇒GIAの記事リンク 人間は数値でこちらの方が数値が高いので美しさが上だと言われればそれを信じてしまう傾向が有りますが、前述の「光を直接反射する大きな鏡」の様に高い光の反射が有ってもそれだけで美しとはならない所が宝石の面白い所で、特にダイヤモンドの輝きはそんなに単純な足し算では表現する事が出来ないのです。

星の煌めきに例えられるダイヤモンドのシンチレーション

ブリリアンスを発揮してシンチレーションの中にラスターとディスパージョンを出現させるダイヤモンド
ダイヤモンドの輝きの種類とその相関関係について少し理解が深まってきましたでしょうか?ダイヤモンドを輝かせるには、いくつかの要素が必要です。光を効率的に集めて最適なコントラストを作り出して輝くように、原石を最適なサイズに切断カットして研磨仕上げする必要があります。
先ずはダイヤモンドが適切な比率にカットされていないと、パビリオン部から光が漏れ、全体的な内部反射と明るさブライトネスが失われます。カットデザインはまた、ダイヤモンドが動いているファセットの中で光のオンオフの様にモザイクが出るように設計されています。美しい点滅を伴いながらも切れ目なく輝くように研磨仕上げする必要が有ります。
最適な形に加工されたダイヤモンド内部では動的な輝きの中で屈折によって生まれるスペクトル色相が虹色の光となって相まって輝きます。
この様に美しさは単純な光の足し算では無く白い光と虹色の光のコントラストとシンチレーションのバランスなのです。
ダイヤモンドから発揮される光は明るい部分と暗い部分を区別した濃淡の様に構造化されたコントラストを備えている必要があり、コントラストの足りないダイヤモンドは人間の目で見ても「美しい」と感じる事が出来ないのです。この動的な光のオンオフの様なスパークリング効果はシンチレーションと呼ばれ、ダイヤモンドが美しい輝きを放つために必要です。

ハートアンドキューピッドパターンはダイヤモンドのシンチレーションによるコントラストハートアンドキューピッドパターン1


輝きに高いコントラストを生み出すハート&キューピッド

1993年にフィリッペンス・ベルト氏によって発見されたハート&キューピッドパターンはダイヤモンドの輝きのコントラストを美しく作り出し輝きの濃淡を最適に表現します。動的なダイヤモンドの輝きにおいてもコントラストの濃淡を失わず美しい輝きを放ちます。
ダイヤモンドのファセットは研磨する順番が有るハート&キューピッドの高いコントラストが美しさに繋がる事は、すなわちGIAの設計したエクセレントカットがダイヤモンドの輝きをコントロールするように設計されている事に繋がります。GIAのエクセレントカットの設計図は一つのファセットが輝いている時に隣り合う一部のファセットが暗くなって高いコントラストを示すように設計されているのです。

ダイヤモンドのカットグレード

優れたラウンドブリリアントは光源が動いているときにファセットのコントラストがまるでオンオフの点滅の様に強いコントラストとなって作り出されます。
光のコントラストは人間の目で見て美しいと感じるバランスに、よく分散されている必要があります。
コントラストが強すぎると、ダイヤモンドが暗くなることが有る為に強すぎるコントラストは好まれません。
逆にコントラストが少なすぎると、ダイヤモンドは明るくなりますが、シンチレーションを欠き、美しさは落ちてしまいます。
そのバランスは原石固体一つ一つ異なる為に熟練の研磨者の手で調整される必要が有るのです。
1990年にGIAがそれ迄最適とされていたマルセル・トルコフスキー氏のアイディアルカット理論を刷新してエクセレントを発表した背景には光の利率だけに着目してはダイヤモンドの本当の美しさ評価とは言えない事が判ったからなのです。
1988年に発表されたGIAのエクセレントカットとそれまでに発表された様々な丸型ブリリアントカットではダイヤモンドの輝きに対する解釈に大きな違いが有るのです。

 

ディスパージョンから発揮されるスペクトル色相

ダイヤモンドのブリリアンスは輝きの種類色付きのフラッシュは、ダイヤモンドの内部で反射するたびに分解され、大きな光の分散を生み出します。つまり、光はダイヤモンド内部での屈折によってスペクトルの色相に分解されます。高いコントラストで発揮されたスペクトル色相とシンチレーション、ディスパージョンがバランスよくまじりあう事が美しいダイヤモンドの輝きの正体です。
ダイヤモンドの輝きは光のどれかが偏って高くても低くても良くありません。また全ての数値が高くてもコントラストが失われる為に良くないのです。
美しいと感じる輝きのバランスが大切なのです。ブリリアンスはそれらの光の総合的な評価として表現されるのです。

ダイヤモンドの美しさは原石の品質と研磨者の腕前で決まる

ベルギー・アントワープのダイヤモンド研磨職人フィリッペンス・ベルト
業界の格言ですが、輝きのバランスを整え最適な美しさを引き出すのは研磨者です。ブリッジ銀座に展開しているダイヤモンドブランドAntwerpBrilliantで指名するダイヤモンド研磨者はベルギー・アントワープにその人ありと言われているフィリッペンス・ベルト氏
ダイヤモンドブランド、アントワープブリリアントでマスターカッターにも指名される同氏のダイヤモンドの審美眼は世界屈指。
同じトリプルエクセレントでも美しさに差が有ると言われる大きな理由はGIAの定める基準内に仕上がればよい。と言うレベルで仕上げたダイヤモンドと、原石の選定から行い、仕上がりに対して審美眼を持った熟練の研磨者がエクセレントに仕上がった処からもう一段美しさを引き出し納得する迄突き詰めて仕上げきったダイヤモンドでは美しさが単純に異なるからなのです。
建設や建築の現場でも建築士や設計者が考えた形に最後納めて仕上げるのは現場の大工さんです。ダイヤモンドの業界では古来より、設計者と研磨作業者は異なる人種であり、両方をこなす事は基本的に在りませんでした。
これにはダイヤモンド採掘と奴隷労働などの黒歴史が係わってきますのでここでは割愛しますが、両者の間には労使の関係からくる思いの違いが有るのも事実です。
作業者が基準範囲内に仕上げる事を主眼にしたダイヤモンドと、作業者が自発的に美しさを追い求めたて仕上げたダイヤモンドでは見た目も輝きの美しさにも大きな差が有るのです。
審美眼を持って仕上げられたダイヤモンドのブリリアンスは格別です。
私たちブリッジ銀座は人生の記念となるダイヤモンド等の宝石類は想いを持って仕上げられているべきと考えています。

よくあるご質問

  • ダイヤモンドの美しさ(輝き)は数値化できますか?
    ダイヤモンドの美しさ(輝き)は光を測定する機械では数値化できません。
  • ダイヤモンドの重さより輝きに着目した最初の人物とは?
    アメリカのヘンリーDモース氏が1860年代にダイヤモンドを輝き重視で仕上げたのが最初です。
  • ラウンドブリリアントは何時出来ましたか?
    17世紀です。当時のオールドヨーロピアンカットは現在を同じ面配置で作られ19世紀には今の形に完成しました。
  • 虹色の輝きが強いダイヤモンドが最高ですか?
    ダイヤモンドの輝きは様々な光の複合です。どれか一つが突出しては美しいとは言えません。
  • エクセレントとアイディアルの違いは?
    アイディアルは1919年にマルセル・トルコフスキー氏が発表、エクセレントは1990年にGIAによって発表されました。
  • ハート&キューピッドは美しさに関係ありますか?
    はい。実際にダイヤモンドの輝きに濃淡とシンチレーションを生み出し美しくなります。

オススメ関連記事

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー