BRIDGE ANTWERP > 用語集 > か行 > カイトファセット

カイトファセット

Kite Facet カイトファセット

ラウンドブリリアントカットのクラウン部分のメインファセットで洋凧に似ていることからカイトファセットと呼ぶ。カイトは文字通り凧の事で形が凧に似ている事が名前の由来。

カイトファットとベゼルファセットは虹色の輝きを決める大きな要素でフィリッペンスベルト氏の手でアントワープで丁寧に研磨される

スターファセットとアッパーガードルファセットに挟まれた変形四角形のファセット。フィリッペンス・ベルト氏達、研磨工の間では研磨工程上区別する必要があるため8つあるカイトファセットを一つおきに「ベゼル」と「クォイン」ファセットと分けて呼ぶ。

ダイヤモンド内部で反射した光が美しく飛び出すファセット。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと

 

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ