BRIDGE ANTWERP > 用語集 > さ行 > シーブイディー(CVD合成ダイヤモンド)

シーブイディー(CVD合成ダイヤモンド)

シーブイディー

化学気相成長法(Chemical Vapor Deposition – CVD)は、水素ガスとメタンガスの中でダイヤモンドを生成する方法です。

水素ガスとメタンガスを1000℃超の非常に高い温度に加熱しマイクロ波を与えると、中にある原子化合物が分解されます。その結果、炭素原子は表面に沈殿していきます。そうして種結晶に層状に厚くダイヤモンドが積層形成されていきます。積層形成の際に受ける結晶の歪みが原因でCVD合成ダイヤモンドは通常ブラウンカラーで生成されます。

最新のCVD合成だ屋モンドはブラウンカラーの色原因である結晶の歪みをHPHTプロセスを用いて矯正し除去します。すると先ほどまでのブラウンカラーがカラーレスダイヤモンドに変化します。HPHT合成で説明したハイカラ―ダイヤモンドが存在しないと思われていたHPHTですがCVDと組み合わせることでハイカラ―が出現するようになりました。これもHPHTとCVDを消去法で看破していた鑑定鑑別機関では対応できず登場当初は世界中で大問題となりました。

またCVD単体の技術も向上してきておりカラーレスグレードのダイヤモンドを生成できることが最新の研究でわかっています。

ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリーでは人工的に作り出されたダイヤモンドは婚約指輪や記念の品物に相応しいとは考えておりません、ですのでCVD合成を含むすべての合成ダイヤモンドを取扱いません。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ