BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > フェアー(Fair)

フェアー(Fair)

フェアー ふぇあー

ダイヤモンドのカットグレード5段階の内4番目のグレード、フェアーはやや劣るというグレード。アンティークのダイヤモンド等はすべてその時代背景を考慮してグレーディングされる為に現在フェアーグレードとなるダイヤモンドは実際にかなり重さ優先で研磨されたダイヤモンドのみです。

以下GIAが定めるダイヤモンドのカットグレード基準でこれ等が平均より劣るという意味です。

  • 明るさ(ブリリアンスとも呼ぶ) – すべての白色光のダイヤモンドの内部反射および外部反射の効果で、拡散照明下での観察が最適です。 うまくカットされたダイヤモンドは、そのサイズや色、クラリティ(透明度)が同等であっても、カットの質が悪いものより明るくなります。 一般的には、ダイヤモンドが明るければ明るいほど、そのグレードは高くなります。
  • ファイアーは、ダイヤモンドを通る白色光がスペクトルの虹色に分散されたときに発生します。 石をスポットライトの下で動かしたり傾けたりして赤、青、黄色、オレンジ色のきらめきを探してみてください。
  • シンチレーションはきらめきと型の組み合わせです。 きらめきは、ダイヤモンドやそれを持つ人、または光源が移動したときにキラっと光るスポットです。 魅力的なダイヤモンドの反射は均等で、サイズのバランスが取れて見えます。
  • 型(パターン)とは相対的なサイズ、配置、ならびにダイヤモンドの内部反射および外部反射から生じる明暗エリアのコントラストです。 鮮明ではっきりした外観のパターンで、気を散らす暗いエリアがないパターンになるには、明暗エリアに十分なコントラストがなければなりません。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ