BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > バーンマーク(Barn Mark)

バーンマーク(Barn Mark)

バーンマーク(Barn Mark)

ダイヤモンド業界で用いられる業界用語。ダイヤモンドを鋼鉄の開店する研磨盤”スカイフ”で研磨する際に、ダイヤモンドとスカイフの接地面が余りにも長時間研磨される事で研磨熱を持ち、熱伝導の高いダイヤモンドは設置しているのとは逆側のファセットが研磨熱で焦げてしまう。焦げてしまった部分は白っぽい曇りの様に見えるのですが、この研磨で付いてしまった白っぽい曇りをバーン、若しくはバーンマークと呼びます。熟練の研磨工はバーンマークを付けてしまう事は考えられないが駆け出しの研磨者の場合最も注意しなければならない研磨ミスの1つである。

10ct以上などの規格外サイズのダイヤモンドを研磨仕上げする場合はバーンマークが付きやすいために専用の研磨機を研磨したい規格外のダイヤモンド専用に作る場合なども有る。

世界最高のダイヤモンド研磨技術ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリー

スカイフの表面を仕上げなおすためのダイヤモンドを擦りつけると、研磨熱でダイヤモンドが真っ赤になります。

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ