BRIDGE ANTWERP > 用語集 > ま行 > ミッシングファセット(Missing Facet)

ミッシングファセット(Missing Facet)

ミッシングファセット(MF)

ダイヤモンドの国際的な評価基準4Cのプロポーションで使われる業界用語。鑑定書に記載される場合は”MS”と記載される。ミッシングファセットは本来有るべきファセットが無い場合に用いられる。ラウンドブリリアントカットは58面(57面)と決められているが、この面数が55面の場合は本来有るべき2ファセットが欠如しているのでミッシングファセットとなる。また左右対称に仕上げるべきダイヤモンドで左右どちらか一方のファセットが足りない場合も三寝具ファセットとなる。ダイヤモンドのファセットはそれぞれにダイヤモンドの輝きを構成する重要な要素となっているのでファセットの欠如はソレだけ外観の美しさを損なう原因となる。

多くの場合ダイヤモンド原石の生地不足でミッシングファセットとなる

 

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ