BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > パビリオン(Pavilion)

パビリオン(Pavilion)

パビリオン(Pavilion)

ダイヤモンドファセットの名前。ガードルよりも下の部分の相称。ボトムやベースと呼ぶことも。ダイヤモンド研磨業界の最新の研究ではパビリオンの角度によってダイヤモンド内部で反射する光のスペクトル調整が出来る事が判っている。その為カラーダイヤモンドではボディカラーを引き立てる為にカラー毎の最適な研磨角度が存在する。一定の色の光を多く反射させることでカラーダイヤモンドの色が改善される為にリカットなどでカラー改善して再販されるダイヤモンドも多い。

1988年にGIAによってラウンドブリリアントカット”エクセレント”の原案が示されるとそれ迄様々な角度で描かれる事が多かったが、GIAによって統一見解としてパビリオン部分の各ファセットのカットグレードも同時に設定された。研磨角度やサイズにはそれぞれ最適な範囲が定められており、ローワーガードルとパビリオンの比率についても最適なサイズがグレードされている。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ