BRIDGE ANTWERP > 用語集 > は行 > ベゼルファセット

ベゼルファセット

BEZEL Facet ベゼルファセット 

研磨面の形が洋凧に似ていることから研磨師の間ではカイトファセット、クォインファセットとも呼ぶ

ベゼルファセットはディスパージョンに重要な意味を成す研磨面アントワープでフィリッペンスベルト氏の手で丁寧に仕上げられる

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドの内クラウン部分のメインファセットで、主にディスパージョンに大きな影響を与える。美しいベゼルファセットからは無限の虹色が発揮される。形が洋凧に似ていることからカイトファセットとも呼ばれる。ベルト氏ら研磨者の間ではカイトファセットの区別の為に8つのカイトファセットを1つおきの4ファセットで区別して呼ぶ名称。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと詳しく

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ