BRIDGE ANTWERP > 用語集 > さ行 > 外反り(Bow-Out)

外反り(Bow-Out)

外反り ボウアウト Bow-Out とも直訳は辞職するなどなのでダイヤモンド業界の言葉

ラウンドブリリアントカットをフェイスアップで見た場合にテーブルファセットのエッジとスターファセットのエッジを結んだ四角形の線が正四角~それよりも外に反って見える。カットのプロポーションでテーブルのパーセントが55%以上となるケースが多い。ダイヤモンドを大きくせるのがトレンドだった80年代に流行したカットプロポーションに多く見られる。現行のエクセレントカットの範囲内でも外反りは可能ですが”ダイヤモンドが太って見える”為にあまり採用されていないようです。

現在の研磨トレンドではダイヤモンドをよりシャープにむせる内反りが採用されることが多い、これは外反りに比べて内反りが普遍的な美しさを持っているという一般的な評価による。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと詳しく

テーブル径は4本のベゼルポイントからベゼルポイントまでの平均で表します。テーブル % = (テーブルサイズの平均 ÷ ガードル直径の平均) × 100

テーブルファセットサイズのカットグレード

44%以下・・・・・Poor(プア)

44%~46%・・・Fair(フェア)

47%~49%・・・Good(Good)

50%~51%・・・Very Good(ベリーグッド)

52%~62%・・・エクセレント(Excellent)

63%~66%・・・Very Good(ベリーグッド)

67%~69%・・・Good(Good)

70%~72%・・・Fair(フェア)

73%以上・・・・・Poor(プア)

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ