BRIDGE ANTWERP > 用語集 > あ行 > 内反り(Bow-In)

内反り(Bow-In)

内反り うちそり Bow-In 直訳は従うなどなのでダイヤモンド業界だけのスラング

ラウンドブリリアントカットをフェイスアップで見た場合にテーブルファセットのエッジとスターファセットのエッジを結んだ四角形の線が正四角よりも内に反って見える。カットのプロポーションでテーブルのパーセントが52%~62%がエクセレントの範囲ですがロングスター&内反りに仕上げるのがベルギー・アントワープのカッティングトレンドでフィリッペンス・ベルト氏も基本的に内反りにダイヤモンドを仕上げる。しかし、これはあくまでもダイヤモンド原石にとってそれが望ましい場合だけで有り、「内反り」に仕上げたからダイヤモンドが美しくなるか?というとその限りではない。ダイヤモンドの美しさは原石の良し悪しと研磨仕上げする職人の腕前で決まるのです。

⇒ダイヤモンドカットと研磨の歴史についてもっと詳しく

テーブル径は4本のベゼルポイントからベゼルポイントまでの平均で表します。テーブル % = (テーブルサイズの平均 ÷ ガードル直径の平均) × 100

テーブルファセットサイズのカットグレード

44%以下・・・・・Poor(プア)

44%~46%・・・Fair(フェア)

47%~49%・・・Good(Good)

50%~51%・・・Very Good(ベリーグッド)

52%~62%・・・エクセレント(Excellent)

63%~66%・・・Very Good(ベリーグッド)

67%~69%・・・Good(Good)

70%~72%・・・Fair(フェア)

73%以上・・・・・Poor(プア)

BRIDGE ANTWERP BRILLIANT GALLERY

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目6-15
第1吉田ビル1F (アクセス)

営業時間 11:00~19:30 通常木曜定休(営業カレンダー
ご来店予約 銀座でプロポーズリングをご検討の方へ